閉じる

船甚造船 和船50フィート

漁船タイプ・漁船・業務船福岡県

管理番号:福岡県-006657 販売価格: 商談中(Sales Pending)

装備充実

装備

法定装備

コンパス

GPS

FURUNO MU-151C-CV15

魚探

FURUNO FCV-1500L

レーダー

JMA-5212-6RT

オートパイロット

マロール

3連リモコン

無線機

AC/DCコンバーター

フラップ

デッキライト

スパンカー

オーニング

油圧式アンカーローラー

油圧3段

イケス

氷間

電動リール電源

集魚灯

マリントイレ(電動式)

JRC風速潮流計JLN-628

循環ホース

JRC GPSサテライトコンパス

ヘディングセンサー

自動電圧調整器

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
13.52m 3.17m 1.01m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
15.1m 3.3m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • すぐに遊漁船業を始められる船を探している
  • 時化に強く頑丈な船を探している
  • 装備が充実している船がいい
  • トイレは絶対必要なんです

基本情報

進水年月 1997年04月
年式 1997年
定員 9人
サイズ 50ft
トン数 6.6t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 漁船
次回船検 中間検査
(2020年03月14日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 コマツ
エンジン型式 6M125AP-3
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 573馬力 / 2229rpm(回転数)
最大馬力 650馬力
掲載時の使用時間 約20897時間
推進機種類 シャフト船
シューピースが入っています
巡航速度(参考) 約14ノット
最高速度(参考) 約25ノット
発電機

ワット数:30kw

広告


今回ご紹介する船甚造船は、刺し網漁、イカ釣り、あら釣り等をされていたそうです。

なんといっても装備がすごいので、遊漁船にも適した船です。

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

平成9年4月に進水されていますので船齢は22年になりますが、現在も現役バリバリの船です。

 

 

現在のオーナーは2代目だそうで、8年ほど所有されているそうで、刺し網漁、イカ釣り、あら釣り等をされています。

 

 

全長15.1m、横幅3.3mの船体です。

 

 

全体的に使用感はありますが、特別に気になるダメージはありません。

 

 

ハルには通常保管時に発生した紫外線による色褪せや変色、スレやキズがありますが、汚れに関しては磨けば綺麗になると思います。

 

 

ガンネルは、通常の使用時にできた凹みやスレはありますが、大きな割れや剥がれ等はありません。

 

 

 

 

 

船底は通常使用時に付いたスレや軽微なキズ程度で、ひどいキズや割れ等はないとのことです。

 

両サイドに横揺れを軽減させるサイドチョッパーが付いています。

 

 

 

ペラ周りにはシューピースが入っています。

 

舵は2枚舵ですので舵の効きは良いとのことです。

 

ペラコートを塗っています。

 

スタビライザーも作動します。

 

フロントデッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

デッキ表面は、通常の使用で発生した小さな欠けやキズは点在していますが、ブアつくところもなく、しっかりしています。

 

 

イケスや物入れのハッチもしっかりしています。

 

 

油圧ローラーは作動します。 

 

 

 

サイドデッキの幅は60cmから広いところで67cm位とワイドな幅があります。

 

高さは55cmの上に30cmのハンドレールが取り付けられています。

 

ここには、遊漁をするときに便利な電動リール電源、それに、海水が出てくるホースが設置されています。

 

 

 

フロントデッキは船体の一番前からブリッジの前までは7.5mありました。

 

 

ワイドなイケス、氷間もあります。

 

 

 

写真には写っていますが、右舷側の大きなクーラーBOXは付随しません。売却時には取り外されます。

 

 

アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

アフトデッキにも通常の使用で発生した小さな欠けやキズは点在していますが、表面のブアつくところもなく、しっかりしています。

 

 

ブリッジの一番後ろから船体の一番後ろまでは3.6mありました。

 

 

 

ワイドなオーニング、スパンカーフレームのグラつきはありません。

 

セールは汚れていますが、普通に使用できるとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにも電動リールの電源と、海水が出るホースが取り付けられています。

 

 

 

 

 

 

 

後ろデッキにもイケス、網を入れるスペースがあります。

 

 

舵シリンダー表面には赤さびが発生していますが、使用するには問題ありません。

 

 

ブリッジ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

レーダーアンテナは問題なく作動します。

 

ライト、航海灯類も問題なく点灯します。

 

 

 

 

 

 

 

イカ釣り電球がセットされています。発電機は30kwだそうです。

 

 

 

ブリッジの長さは約4mありました。

 

 

 

ブリッジ周りは、色褪せや汚れなどもありますが、酷いものはありません。

 

汚れに関しては磨けば綺麗になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンカーウィンチも問題なく作動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉の開閉はひっかかりがありますのでスライドがし難いです。

 

 

左舷側には個室トイレがあります。電動です。

コックピット

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

コックピットは全体的に使用感はありますが、計器類は充実しています。

特別な不具合箇所はありません。

 

 

ここ数年前に新設されたものが多く、レーダー、サテライトコンパス、ヘディングセンサー、魚探、GPS、潮流計、オートパイロット、3連リモコン等装備多彩です。

 

取扱説明書もあります。

 

レーダーJMA-5212-6RTだけでも200万円位されたそうです。

JRC GPSコンパス 3D

FURUNO FCV-1500L

JRC JLZ-1000

 

 

回転窓は作動します。

 

ハンドルや前進後進レバー、メーターは使用するにあたって問題点はないとの事です。

 

 

キャビン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

コックピットの左の扉を開けるとキャビン内へアクセスができます。

 

 

中は畳敷きになっています。

 

 

高さはありませんが、3-4人位が座れ、2-3人なら横になることができるスペースとなっています。

 

 

エンジン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

エンジンはコマツ6M125AP-3(定格573馬力 / 2229rpm/最大650馬力)が搭載されています。

 

 

平成22年12月頃に現在のエンジンを乗せ換えられています。

 

 

アワーメーターは20897時間を指していますが、よくわからないので使用時間は不明とさせていただきます。

 

 

先代の船長が漁をお辞めになられ、二代目の息子さんにバトンタッチをされましたので詳しくはわからないのですが、今までの使用状況は、刺し網漁、イカ釣り、あら釣り、また、遊漁船もされて幅広く活躍していた船ですので、エンジンは結構回っているかもとのことです。

 

しかしながら、オイルの喰いもそんなにないらしく、排気の色もいいとのことです。

 

 

オイル交換のシールを貼ったりして、きちんと管理されています。

いろいろな消耗品は細かく交換されているようですが、オーバーホールの経験はないとのことです。

 

 

 

先代の船長はとても大事に乗っていたようで、ぶん回して乗ったことがなく、巡航スピードは約15ノット位で走っていたそうです。

 

現在は、ペラ周りにシューピースを付け、しかも装備も重くなったので、スピードは落ちたそうですが、シューピースが入っていなかった時は30ノット位出ていたそうです。

 

 

 

発電機は30KWが搭載されています。

調子もGOODだそうです。

 

取材状況/ご見学

取材時はエンジン始動確認を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねます。

ご見学の際にはご試乗いただき、また、装備品や計器類の細かい動作など全てをご確認いただき、納得の上でご購入を下さいますようお願い致します。

ご見学の際は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者までお申しつけください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

 

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。