閉じる

ヤンマー DE26GZ

プレジャーボート高知県

管理番号:高知県-006594 販売価格: 商談中(Sales Pending)

4JH3-HTZY1(マルチドライブ)搭載!ランタイム約231時間!

新着 更新

装備

法定装備

微速装置(トローリング)

サーチライト

イケス

フェンダー

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
6.25m 2.07m 0.61m

  • ヤンマー・マルチドライブ艇がいい!
  • エンジン・ランタイムが少ない艇がいい!
  • スターンドライブも綺麗な艇がいい!

基本情報

進水年月 1999年11月
年式 1999年
定員 7人
サイズ 26ft
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2021年02月23日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 あり
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤンマー
エンジン型式 4JH3-HTZY1
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 82馬力 / 3700rpm(回転数)
掲載時の使用時間 約231時間
推進機種類 ドライブ艇
ドライブ型式:111-1

広告


◆この艇のオーナー様は作業・警戒船としてこの艇を使っていらっしゃいました。この度、サイズアップした艇を購入されましたので、マリーナに上架して掃除とメンテナンスを施した後、本艇を出品をご依頼いただきました。

 

◆平成11年進水の艇です。船体のゲルコートは船齢なりの日焼けなどによる経年劣化は見受けられます。またハルはオモテの両舷に係留時についたと思われる擦り傷やゲルコートが剥げたようなアテ傷がありますが、補修され、また、内部のFRPが割れるような重篤な傷ではありませんので、航行には影響が無いと思われます。

 

◆ヤンマーDE26GZはデッキはフラットでオモテからトモまでとても歩き易く、低めのブルワークと相まって運搬・作業船としても使いやすそうです。また、ブリッジが小さめでなおかつ出ドモですのでデッキ面は広く、複数名での釣行にも面白そうな艇種です。今までワンオーナーで作業・警戒船として使われてこられた経緯から余分な艤装はありませんので、例えばブルワークにハイ・バウレールを艤装されて、ジギングや鯛ラバ用に仕立てるのも容易ですし、竿受けを付けてのんびり餌釣りを楽しむにも面白い個体です。

 

◆エンジンはヤンマーの4JH3-HTZY1(直列4気筒過給機付きディーゼルエンジン マルチドライブ・微速装置付き 連続最大出力82PS/3,700rpm)が搭載されています。なお取材時のエンジン・ランタイムは約231時間でした。

 

◆スターンドライブも同じくヤンマー製のSZ111-1が搭載されています。チルトアップするとプロペラは完全に水面から出ますので係留保管にも向いています。またドライブは消耗部品は交換し、全塗装が施されています。

 

◆ランタイムも少なく程度の良いエンジンでマルチドライブ仕様、スターンドライブもメンテナンス済み、というのがウリ!という艇です。

 

◎記事は客観的に書く事を心掛けています。また、写真は一眼レフで撮影し、暗くて見えにくいような写真ができるだけ無いように、一枚一枚明るさをチェックして掲載していますが、見えにくい箇所や写っていない箇所などがございましたらお気軽に当方までお電話でお問い合わせ下さい!

船体外観・船底

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

◆船体のゲルコートは船齢なりの日焼けなどによる経年劣化は見受けられます。またハルはオモテの両舷に係留時についたと思われる擦り傷やゲルコートが剥げたようなアテ傷、がありますが、ゲルコートが剥げていた箇所は補修されています。また、それらの傷は内部のFRPが割れるような重篤な傷ではありませんので、航行には影響が無いと思われます。

 

◆バウスプリットもしっかりしています。また、ガンネルは今回の売却にあたって新品に交換されていますので、全周に渡って綺麗です。

 

◆この艇は2018年12月までは係留保管されていましたが、今回の売却にあたってマリーナに上架されて掃除とメンテナンスを施されていますが、上架した際に船底は高圧洗浄機で洗っていますので、船底の状態もしっかり見ていただけます。なお、乗揚げやアテによる船底の損傷などは無いように見受けられました。

 

◆この艇はハル両舷と船尾に船名を書かれていましたので、消した痕跡が残っています。

 

◆本物件は基本的に現状でのお渡しとなります。全ての艤装品につきましては動作確認をしておりませんし、掲載以降も経年劣化は進みます。ご見学時には必ず納得がいくまで動作確認など細部のチェックをお願い致します。

操船部・ブリッジ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

    可動式サーチライト付き

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

    操舵はもちろん油圧です。

  • No.11

    インパネ

  • No.12

    電気系統スイッチパネル

  • No.13

  • No.14

    微速クラッチ・つまみ

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

    トイレの設置も可能です。

  • No.23

  • No.24

    バッテリー収納部

  • No.25

  • No.26

    メインスイッチ

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

    燃料タンクが下にあります。

◆ブリッジはコンパクトな艇ですが、内部にはマリントイレも付けられるスペースがあります。艤装品としてはルーフに可動式のサーチライトが備わっています。

 

◆ブリッジも特に損傷など無く、ガラス類も問題無いと思います。また、ヘルムハンドルも軽く、ポンプのシャフトシールからの作動油漏れなども無いように見受けられました。

 

◆本物件は基本的に現状でのお渡しとなります。全ての艤装品につきましては動作確認をしておりませんし、掲載以降も経年劣化は進みます。ご見学時には必ず納得がいくまで動作確認など細部のチェックをお願い致します。

デッキ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

    カンザシ良好

  • No.4

    アンカーロープ・ストレージ

  • No.5

  • No.6

  • No.7

    アンカーは2種付属しています。

  • No.8

    アンカーは2種付属しています。

  • No.9

    バウスプリット・レール良好

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

    オモテのストレージにフェンダーが入っています。

  • No.20

  • No.21

  • No.22

    大型イケス

  • No.23

  • No.24

    付属のフェンダー

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

    アフトデッキ(トモ)ストレージ

  • No.30

    アフトデッキ(トモ)ストレージ

  • No.31

  • No.32

  • No.33

    エンジンルーム・フード

  • No.34

    点検口

  • No.35

  • No.36

    点検口から下を覗くとドライブが見えます。

  • No.37

    出ドモになっているので船尾も歩けます。

  • No.38

    出ドモになっているので船尾も歩けます。

  • No.39

  • No.40

  • No.41

    左舷の金具が付いていた所の損傷

  • No.42

    右舷は良好です。

◆デッキは硬く、ノンスリップが異常に摩耗したところなども無く大きな問題は無いように見受けられました。また、サブタも塗装の剥げは場所によってはあるものの、特に補修が必要な割れや表面の痛みなども見受けられませんでした。

 

◆バウスプリット、バウレールもしっかりしています。また船首のカンザシもしっかりしていました。カンザシの後ろにはアンカーロープストレージがあり、またその後ろのブリッジ前にはストレージ1間と大きめのイケス2間が備わっています。また、アフトデッキ(トモ)にはストレージ1間が備わっています。

 

◆アンカーストレージにはアンカーロープ、アンカー2種類が入っています。

 

 

◆この艇はアフトデッキ(トモ)が"出ドモ”になっていますので、エンジン・フードの後ろも歩けます。また、エンジンフードが腰掛けになりますので、トモでの餌釣りも勝手が良さそうです。また、トモの最後尾には点検口があり、開けるとスターンドライブの真上ですので、ロープを巻き込んでしまった時など何かのトラブルの際にはすぐに確認ができます。

 

◆この艇はブルワークの裏面に手が届くような造りですので、竿受けやレールなど艤装の施工性が良いのもいいですね。

 

 

◆本物件は基本的に現状でのお渡しとなります。全ての艤装品につきましては動作確認をしておりませんし、掲載以降も経年劣化は進みます。ご見学時には必ず納得がいくまで動作確認をお願い致します。

エンジンルーム・エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

    エンジン銘板

  • No.2

    アワーメーター

  • No.3

  • No.4

    フード・ダンパー良好

  • No.5

  • No.6

    プーリー廻り良好

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

    クラッチ(バルチドライブ部)

  • No.21

    油圧操舵部良好

  • No.22

  • No.23

    クーラント良好

  • No.24

◆エンジンはヤンマー4JH3-HTZY1(直列4気筒過給機付きディーゼルエンジン マルチドライブ・微速装置付き 連続最大出力82PS/3,700rpm)が搭載されています。なお取材時のエンジン・ランタイムは約231時間でした。ランタイムが少ないのがウリの一つですね。

◆エンジンルーム内、エンジン本体も非常に綺麗でした。また、取材時にはエンジンの動作確認や試乗はしていません。なお、このエンジンは業者さんの手によっていままでメンテナンスを施されていらっしゃいます。また、業者さんが試走・点検をしてから上架されていますが、その際には特に大きな問題は無かったとの事でした。なお、お引き渡し時にエンジンオイル、エレメント、インペラ、クラッチオイルなどは交換していただけるとの事です。

◆この艇の大きなウリの一つである”マルチドライブ”はヤンマーが独自に開発したアウトドライブ機構で、船外に付いているアウトドライブ部にはクラッチに相当する機構が無く、エンジンの後ろにある湿式多板クラッチでエンジンの回転をプロペラに繋いでいます。マルチドライブでないエンジンですと、船外のアウトドライブのコーンクラッチ手前までの機構が回転する為、チルトアップした状態ではボールジョイントが壊れてしまう可能性があり、エンジン始動時は必ずチルトダウンしておく必要がありますが、マルチドライブですとチルトアップをしたままエンジン始動が可能です。また、ハーフチルトの状態での航行も(浅瀬航行時など)マルチドライブ艇のみがなせる航行です。また、マルチドライブではコーンクラッチのように前後進に入れた際、「ドンッ」というショックもありません。また、コーンクラッチのように中立⇔前後進を何度も繰り返すとクラッチが入らなくなるという宿命的な不具合もないので非常に優れています。また、マルチドライブは多板クラッチを滑らすことによってアイドリング回転時によりプロペラの回転を落とすことが可能ですので、いわゆるトローリング(微速航行)も可能です。よって、流し釣りや船位キープが容易になるという優れものです。マルチドライブは「後付け」するには多額の費用がかかりますので、このマルチドライブ付きのエンジンが載った艇は付加価値が高いと言えます。マルチドライブの良さがお分かりの方には言うまでもないお話しですが、お客様から時々尋ねられますのでご説明させていただきました。

アウトドライブ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

    真上から撮影

  • No.4

    真下から撮影

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

    船体銘板

◆アウトドライブも同じくヤンマー製のSZ111-1が搭載されています。チルトアップするとプロペラは完全に水面から出ますので係留保管にも向いているアウトドライブです。

 

◆このアウトドライブは2019年2月に業者さんの手によって以下のメンテナンスを施しています

・ベローズ交換

・プロペラシャフトシール交換

・ギアオイル交換

・アノード2点交換

・ベローズバンドのアーシング(電蝕対策)

・全塗装

 

◆キャビテーションプレート廻り、スケグにも大きな曲がりや割れなども無い様に見受けられました。また、プロペラも大きな曲がりや欠け、割れなども無く良好です。

 

◆本物件は基本的に現状でのお渡しとなります。アウトドライブにつきましては上記メンテナンスを施した2019年2月の状態が「現状」とお考え下さい。もちろん試乗も大歓迎ですので、しっかり動作確認をしていただければと思います。

JCI検査証書・検査手帳及び船体銘板

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

    船舶検査証書

  • No.2

    船舶検査手帳(表)

  • No.3

    船舶検査手帳(裏)

  • No.4

    船体銘板

  • No.5

    現在航行可能な区域

◆この艇は「日本小型船舶検査機構(JCI)」の登録船です。次回船検(中間検査)は2021年2月23日までとなっています。

 

◆この艇の正確な情報をお伝えする為に船舶検査証書と検査手帳を個人情報を伏せた状態で掲載しています。

 

◆船体の銘板も掲載しております。

 

◆ご参考までに写真No,5に現状で航行可能な区域図を掲載しております。

 

※艇の所有権変更や航行区域、船籍港、船名などの変更に伴う費用は原則的に買主様のご負担となります。なお、当方ではご希望の都道府県市町村を母港にされた場合に選択可能な航行区域や「沿岸5海里」「臨時航行区域変更」に関する手続きなどのご相談も承っています。お気軽にお問い合わせ下さい。

法定備品・付属品

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

    法定備品

  • No.2

    信号紅炎(期限内の物)

  • No.3

    ロープ及びアンカー

  • No.4

    フェンダー

◆法定備品は現状の登録内容での検査にはパスできるように揃えています。

 

◆フェンダーも付属しています。

取材状況・現船見学やご購入後の手続き等につきまして

◆この艇は高知県内に陸上保管されています。艇は私、平田が2019年2月に現地で取材していますので、ご見学をご希望の方は、まずは一度お電話で艇の詳細をお問い合わせ下さい。当方で分かる事でございましたら客観的見地からお答えさせていただきます。

 

◆ご見学のお申し込みの流れと致しましては、まず、こちらから所定の用紙(ご見学お申込書)を送らせていただきますので、その用紙にお名前、ご住所、ご希望日を書いていただきましてご返送下さいませ。速やかに日時調整後、お返事をさせていただきます。

 

◆見学をされずに購入される方もいらっしゃいますが、本物件は基本的に現状渡しですので、見学をされてからのご購入を強くお勧め致します。特に出品者様が業者様などではなく、個人様の場合は出品者様自身が気が付いていない瑕疵がある場合も多々ございますし、出品者様と購入者様との価値観も異なります。また購入者様の中には「多分程度は悪くないだろう」と希望的観測で購入を決めてしまうケースも多く、こちらから「本当に現船を見なくて大丈夫ですか?」と念押しさせていただくにもかかわらず、ご購入後に「思っていたより程度が悪い」というような苦言をいただく事がございます。ご見学に来られる時間やコストも含めてのご検討をお願い申し上げます。

 

◆ご試乗をご希望の場合は上下架料金5,000円をご負担お願い致します。

 

◆「とりあえず船はどこにあるのかだけ教えて」というお問い合わせもよくいただくのですが、船の保管場所は購入意志の強い方で、「ご見学お申込書」にご記入いただける方にのみお伝えさせていただいております。ご了承下さい。

 

◆回航、陸送につきましては業者さんのご紹介も可能ですので、必要でございましたらお申し付け下さい。事前お見積りも可能です。

 

◆晴れてご成約となりましたら、売買契約書は当方で作製させていただきまして、売主様、買主様ともにご署名とご捺印をお願いしています。また、陸送や回航、所有権変更等にかかる費用は原則、買主様のご負担となります。

 

では、お問い合わせを心よりお待ちしています!

船ネット四国・岡山・鳥取エリア担当:平田 

TEL:090-9772-3000

Email:hirata@funenet.co

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

四国&岡山&鳥取エリア 担当平田 善久(ひらた)

担当コメント:岡山&鳥取エリア、四国の全県を担当しています。

090-9772-3000 FAX 088-874-4027
hirata@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。