閉じる

ヤマハ DY34A(G2A)

漁船タイプ・漁船・業務船九州北部

管理番号: 九州北部-006551 販売価格: 売却済(SOLD)

イスズ230PSエンジン搭載艇

装備

法定装備

コンパス

GPS魚探

HONDEX

GPS

KODEN

レーダー

FURUNO1721MARK2

3連リモコン

ユニカス

微速装置(トローリング)

要メンテナンス

サーチライト

デッキライト

スパンカー

オーニング

イケス

シーアンカー

5m

アンカーローラー

集魚灯ソケット

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
9.06m 2.35m 0.82m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
10.3m 2.6m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • 船体は古くても頑丈な船がいい
  • エンジンがしっかりしてる船がいい
  • 手間がかからずにすぐに乗れる船です

基本情報

進水年月 1988年06月
年式 1988年
定員 10人
サイズ 34ft
トン数 5t未満
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2021年10月26日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 イスズ
エンジン型式 UM6BGITC
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 230馬力 / 2700rpm(回転数)
掲載時の使用時間 約5083時間

※本艇の実使用時間や実エンジン使用時間を保証するものでは御座いません。

推進機種類 シャフト船(キール)
半キール
巡航速度(参考) 約16ノット
最高速度(参考) 約25ノット
燃料タンク容量 400リットル
発電機

メーカー名:川崎電気

ワット数:4.5kw

広告


1988年06月に進水されたヤマハDY34Aを取材してきました。このくらいの年式のヤマハ艇はFRPが厚いので、何年たっても頑丈ですね。

売主様は海外にお住いの為、乗る機会が少ないので売却される運びとなりました。

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

昭和63年に進水されていますので、船齢は随分経ちますが、さすがはヤマハ艇です。何年たっても頑丈な造りです。

 

定期検査を受けられたばかりです。次は中間検査(2021年10月26日)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハルには通常使用時に発生したスレはありますが、大きなキズなどはありません。

 

 

ガンネルはも通常の使用時にできた凹みやスレ程度のレベルで、大きな割れや剥がれ等はありません。

 

 

 

 

 

横揺れ防止のサイドチョッパーが付いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船底掃除はH32年2月にしたばかりです。

同時に亜鉛も交換されました。

ペラクリーンも塗っています。

 

 

 

通常使用時に付いたスレや軽微なキズ程度で、ひどいキズや割れ等はないとのことです。

 

 

 

 

ペラ、舵も問題なしです。

 

デッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

デッキ表面はフラットですので、足元がひっかかることはありません。

 

 

通常の使用で発生した小さな欠けやキズ等は点在していますが、ブアブアするようなところはなく、表面はしっかりしています。

 

 

生け簀のハッチも頑丈です。

各ストレージは普通に使用できます。

 

 

100L入る燃料タンクが2個設置されています。

エンジンルームにあるタンクと繋がってるそうです。

 

 

生け簀は、スカッパ―が交換されていますので支障なく使用可能です。

 

 

 

 

 

アフトデッキも表面はフラッです。

 

ここも通常の使用で発生した小さな欠けやキズ等は点在していますが、ブアブアするようなところはなく、表面はしっかりしています。

 

 

アフトデッキにも生け簀が1室あります。

点検口もあります。

 

 

舵シリンダーも問題なしです。

 

シーアンカーは5m、スパンカーもセットされています。

 

ブリッジ周り

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

    不動につき要メンテ

  • No.15

  • No.16

正面のアクリル窓は年式の割に劣化は少ない方です。

 

 

両サイドのアクリル窓は交換されているようで、透明感がありきれいです。

 

 

ブリッジ周りは年式相応に色褪せ感はあるものの、見苦しいところや特別な問題点はありませんので、磨けば光沢は蘇ると思います。

 

 

回転窓は普通に動きます。

 

 

白灯、回転灯、デッキライトは問題なく点灯いたします。

両色灯の接触が悪いのか、点いたり消えたりしていました。

それとサーチライトは点灯しませんでした。

 

 

イカ釣り用のソケットがセットされています。電球はありません。

 

 

サイドウォークの高さは75cm位と高めの造りです。

横幅は45cm位ありますので、前後デッキへのアクセスも容易です。

 

 

アンカーローラーは作動します。

 

 

外部の微速装置がセットされていますが、暫らく使用していませんのでワイヤーが固くなっています。

動かすにはメンテナンスが必要だそうです。

 

 

ワイドなオーニングもグラつくことなくしっかりしています。

 

 

 

 

コックピット/キャビン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

折りたたみ椅子は使用感がありますが、広げるときは固くもなくスムーズに開閉できます。

 

 

操船室からの視界もよく回転窓も回ります。

 

 

フルノのレーダーとKODENのGPSは作動します。

 

 

ホンデックスのGPS魚探は3年ほど前に新設されたものですので、問題なく使用できます。

 

 

ハンドル、前進後進リモコンレバーは普通に作動します。

ユニカスの3連リモコンも使用可能です。

 

 

メーターも不具合なく作動しています。

取材時のアワーメーターは5083時間を指していました。

 

 

両サイドのスライド窓の開閉が固いです。それと取っ手が割れています。

 

 

キャビン内は大人が2人が横になれる広さです。

ほとんどちょっとした物入れとして使用しています。

 

 

分電盤、各スイッチ類も問題ありません。

 

エンジン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

イスズUM6BGITC 検査手帳230馬力が搭載されています。

 

 

エンジンルームは汚れやオイルこぼれ等もありますが、オイルに減りもなくバリバリのエンジンとのことです。

 

 

オイル交換や消耗品の交換もマメにされています。

最近のメンテナンスは、H31年2月にオイルエレメント、燃料フィルタ、エンジンオイル、ギアオイルを交換をされたそうです。

 

 

インペラとバッテリーはH30年2月頃だそうですので、まだ大丈夫のようです。

 

 

ダイナモはH28年に中古品で交換されたそうです。

 

 

現在の最高スピードは23ノット位出るそうです。過去には25ノット位出た経験があるそうです。

 

巡航速度は約2000回転で16ノット位で走るそうです。

 

 

 

発電機は4.5kwがセットされています。

 

 

 

オーナーは個人での趣味の釣りとして、この船に10年ほど乗っています。

釣り方は、ごく近場のいかだに行って、エンジンを止めて餌釣りをされるそうです。

 

 

燃料タンクは両サイドに約200L位だそうです。

フロントデッキの燃料タンクと繋がっていますので、合わせると合計400L位は入るそうです。

 

現在は軽油を使用されています。

 

 

 

取材状況/ご見学

取材時はエンジン始動確認及び試乗を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねます。

ご見学の際にはご試乗いただき、また、装備品や計器類の細かい動作など全てをご確認いただき、納得の上でご購入を下さいますようお願い致します。

ご見学の際は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者までお申しつけください。

売主様は海外在住の為、見学にお立会いできない事もありますのでご了承ください。

また、天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。