閉じる

ヤマハ ヤマハ YD25B(GR2-E)

プレジャーボート福岡県

管理番号:福岡県-006380 販売価格: 商談中(Sales Pending)

装備

GPS魚探

HONDEX

サーチライト

スパンカー

オーニング

電動式アンカーウィンチ

イケス

電動リール電源

2ヶ所

ステレオ

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
6.71m 1.93m 0.51m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
7.78m 1.98m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • ウォークアラウンド艇を探している
  • 小回りが利くコンパクトな船がいい
  • 燃費がいい船を探している

基本情報

進水年月 2004年02月
年式 2004年
定員 8人
サイズ 25ft
トン数 1.2t
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2019年06月10日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤマハ
エンジン型式 71N(D201KH)
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 74馬力 / 3050rpm(回転数)
最大馬力 82馬力
掲載時の使用時間 約1854時間
推進機種類 ドライブ艇
巡航速度(参考) 約15ノット
最高速度(参考) 約18ノット
燃料タンク容量 90リットル

広告


2004年に進水された低燃費のドライブ艇。ヤマハYD25Bをご紹介します。

 

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

2004年02月に進水されていますから、船齢はやがて15年が経ちますが、使用するには特別な問題点はないと思います。

 

 

現在は係留されていますので船体はかなり汚れていますが、ここは河川と海水が混ざっている所ですので、塩害は少ないので洗えばきれいになります。


 

 

ハルにはFRPの欠け、当てキズや細かいスレなどが数か所あります。

 

ガンネルには通常の使用時にできたスレ、キズ等もあります。

 

 

河川ですので、喫水線辺りには緑かかった黄ばみもありますが、根気よく磨けば綺麗になると思います。

 

 

 

船底は汚れています。

 

通常使用時に付いたスレやキズや欠けはありますが、使用するには問題点はありません。

 

横揺れ防止のサイドフロートが設置されています。

 

 

 

ブリッジ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

ブリッジには細かいスレも点在していますが、酷い所はありません。

 

 

正面には後付けされた棚が設置されています。

 

 

ホーンは鳴りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

サーチライトは点灯しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白灯、両色灯は点灯します。

 

 

 

 

 

 

 

 

汚れていますが洗えばきれいになります。

フロントデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

デッキ表面も汚れています。

 

アンカーウィンチは作動します。

 

バウレールのグラつきはありません。

 

 

25フィートサイズにしては広めで釣りやすいデッキです。

 

 

通常の使用時についたと思われる、スレや小傷などもありますが、表面のブアつきもなくしっかりしていますし、使用頻度が少ないだけに、ノンスリップの目時の減りも少なく状態は良いと思います。

 

 

 

ロープロッカーのハッチの角に軽微な欠けがありますが、開閉は問題なくできます。

 

 

アンカーが当たってできたFRPの欠けもところどころにありましたが、たいしたことはありません。

 

 

イケスは問題なく普通に使用できます。

 

 

イケスハッチの角にも軽微な欠けがあります。

コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

リアドアは純正ではありません。

 

後で増設された家庭用のサッシのようですので、頑丈ではありませんが、扉はあった方が重宝するとのことです。

 

ドアはスライドして開閉します。

 

ロックは上に錠前がつけてあるのと、下にロックが付いていますが、力ずくで開けると外れそうです。

 

 

コックピットは使用感もありますが、ステアリングは軽くスムーズに操船できますし、前進後進リモコンレバー、メーター類は使用するにあたって問題点はなさそうです。

 

 

スカイライトハッチには色が塗ってあり、きれいではありません。

 

 

両サイドのアクリル窓は、紫外線による劣化が発生しつつありますが、まだまだいけます。

 

 

 

椅子は使用感があります。回転ができて取り外しも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

キャビンドアが切ってあるようです。

 

もともとはあったそうですが、リアドアを増設したので不要になったそうです。

 

ドア自体はもう処分されてないそうです。

 

 

 

 

 

 

HONDEXのGPS魚探は新設されて間もないです。

 

 

 

 

 

ホーンが鳴りませんでした。

 

 

サーチライトの操作は問題なくできました。

 

 

ワイパーが作動しませんでした。

 

 

ウォッシャーはモーターの音はしますが水が出ませんでしたので、水切れか、どこか詰まっているのかもしれません。

 

 

 

アワーメーターは現在1854時間を差しています。

 

年式の割には少な目です。

キャビン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

キャビンの中は綺麗です。

 

 

敷き板もしっかりしています。

 

 

ハッチの開閉も問題なくできますし、ここからの雨漏りもなさそうです。

 

 

右舷側に自作の竿立てが設置されています。

 

 

配線関係はむき出し状態ですが、綺麗にまとまっています。

 

 

スペース的には大人2人が座れる程度ですので、現在は物入れとして使用されています。

 

 

ここに燃料タンク90Lがビルトインされています。

 

 

法定備品は写真の物だけです。

エンジン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

ヤマハ71N(D201KH)74馬(最大82馬力)力が搭載されています。

 

 

使用頻度が少ないだけに、エンジンルームは年式の割に綺麗な方です。

 

 

まだ1854時間程度の使用時間ですので、今までに故障もなく大がかりな部品交換等は無いとのことです。

 

 

H28年に下記の一通りの消耗品交換をされています。

エンジンオイル交換

ギアオイル交換

オイルフィルター交換

燃料フィルター交換

インペラ交換

Vベルト交換

エレメントエアー交換

 

セルモーターは平成30年5月ごろにオーバーホールをされています。

最近は平成30年10月にオイル交換をされています。

 

 

スピードは、巡航で14ノット、最大で18ノット位とのことですので、そんなに速くはありませんが、立ち上がりも良くターボの調子も良いとのことです。

 

アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

デッキ表面は汚れていますが、磨けばきれいになると思います。

 

 

通常の使用時についたと思われる小傷や欠けなどもありますが、ブアつきはなく、しっかりとしていますし、ノンスリップの目時の減りも少ないです。

 

 

ここでは2人での釣りスペースのようです。

 

 

ハンドレールはしっかりとしています。

 

 

サイドポケットは汚れてはいますが、磨けばきれいになると思います。

 

 

電動リールの電源が両サイドに設置されています。

 

 

 

オーニングはシートがありません。

 

 

 

スパンカーは現在はボートから取り外されています。

 

フレームが少し曲がっています。

 

セールは取り替えた方がいいでしょう。

 

 

 

左舷側が小さめのイケス、右舷側は物入れとなっています。

 

 

各所ハッチは問題なく開閉できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舵シリンダーやドライブ周りは、使用頻度が少ないだけにとても綺麗です。

 

 

チルトモーターは平成29年にオーバーホールをされています。

 

 

 

ドライブ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

河川係留保管されていますので、ドライブ外観には藻の付着物があります。

 

 

海水は混ざっていますが、海と違って塩分は薄いので、年式の割には塩害が少ない方だと思います。

 

 

 

H28年にオイルシールから若干のオイル漏れがあったようなので、エンジニアさんにお願いされ、シフター及びプロペラシャフトを取り外してメンテナンスをされています。10数万円かかったそうです。

 

 

その時に行なわれたメンテナンス内容は下記の通りです。

 

ドライブベロー交換

ドライブオイル交換

TSK及びドライブ亜鉛交換

オイルシール交換

ギアオイル交換

 

 

チルトモーターは平成29年にオーバーホールをされていますので、ドライブの上下動作もスムーズです。

その他/取材状況

取材時はエンジン始動確認を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗頂き、全ての事項をご確認の上でご購入をお決め頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も確認いたしましたが、実際にご見学者様にて全てをご確認ください。

ご試乗の場合は準備の都合上前もってお知らせください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。