閉じる

ユニフライト 42

プレジャーボート東京都

管理番号:東京都-006336 販売価格: 商談中(Sales Pending)

新着

装備

法定装備

コンパス

GPS魚探

GPS

レーダー

無線機

フラップ

スラスター(電動式)

ツーバッテリーシステム

2ステーション

デッキライト

トランサムステップ

スイムラダー

電動式アンカーウィンチ

デッキウォッシュ

デッキシャワー

ロッドホルダー

アウトリガー

フロントウィンドカバー

マリントイレ(電動式)

ギャレー

マリンエアコン

エアコン(家庭用)

液晶テレビ

ステレオ

電子レンジ

冷蔵庫

陸電システム

ビミニトップ

センターリガー

フェンダーホルダー

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
11.53m 3.8m 1.3m

  • クルージングもしたいし釣りもしたい!
  • とにかく安っすい船を探している
  • こつこつレストアするのが趣味
  • 男のムフフな隠れ家が欲しい!
  • 暑いのは無理ー!エアコンは絶対条件っす

基本情報

進水年月 1979年08月
年式 1979年
定員 14人
サイズ 42ft
トン数 19.9t
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2019年11月29日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 GM
エンジン型式 6-71
燃料種類 軽油
搭載数 2基
検査手帳馬力 195馬力 / 2170rpm(回転数)
掲載時の使用時間 右:約789時間
左:約766時間
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
巡航速度(参考) 約25ノット
燃料タンク容量 1500リットル
発電機

メーカー名:オナン

ワット数:8kw

燃料:軽油

広告


今回ご出品のユニフライト社製42コンバーチブルは釣りやクルージング、マリーナステイなどが楽しめる人気の艇種です。

ユニフライト社は、アメリカのワシントン州に本拠地を置いていたボートメーカーです。

この艇は写真の通りにキャビンがとても広く、居住性が良い艇体だと思います。

クルージングやマリーナステイなどでも、お見えになったお客様に存分に楽しんで頂ける空間が確保されています。

上級者には勿論の事、とても広いキャビンが良いとお考えの方には、ご興味を示されるかたが多いのではないかと思います。

現在のところ、オーナー様がお気づきの不備の箇所はないそうです。

この艇は東京都江東区に水上保管しています。

全体

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

年式はかなり経って来ていますので小さな傷や多少の日焼けなどはありますが、オーナー様がしっかりとしたメンテナンスや整備をされて、使用されている艇体だと思います。

見たところ大きなキズやへこみなどはありませんでした。

デッキ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

  • No.32

  • No.33

  • No.34

  • No.35

  • No.36

  • No.37

  • No.38

  • No.39

  • No.40

  • No.41

  • No.42

  • No.43

  • No.44

  • No.45

  • No.46

  • No.47

  • No.48

  • No.49

  • No.50

  • No.51

  • No.52

  • No.53

  • No.54

  • No.55

  • No.56

  • No.57

  • No.58

  • No.59

  • No.60

  • No.61

  • No.62

  • No.63

  • No.64

  • No.65

  • No.66

  • No.67

  • No.68

  • No.69

  • No.70

  • No.71

  • No.72

  • No.73

  • No.74

  • No.75

  • No.76

アフトデッキはかなり広い空間になっています。

バウデッキにはアンカーウィンチ、フェンダーホルダーなどの装備があります。

デッキ周りには艇に遊びに来られたお客様ものんびりと出来る空間が確保されています。

他の主だった装備品はフェンダー、アウトリガー、センターリガー、デッキシャワー、デッキウォッシュ、デッキライト、スイミングステップ、スイミングラダー等です。

FB操船席

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

  • No.32

  • No.33

  • No.34

  • No.35

  • No.36

  • No.37

  • No.38

操船席にはコンパス、GPS(SONIX SPC-80)、マリンVHF無線機(ICOM IC-M57J)、アマテュア無線機(ALINCO DR-M50)、スラスター、フラップコントロール等が装備されています。GPS魚探(FUSO FEG-770)とレーダー(FURUNO)は壊れていて使用できません。

ステレオやビミニトップ等の装備もありとても便利です。

操船席周りに航海計器類は集約されていますので、操船中の操作や確認などもとても見やすい形になっております。

LS操船席

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

操船席にはコンパス、フラップコントロール等が装備されています。

操船席周りに航海計器類は集約されていますので、操船中の操作や確認などもとても見やすい形になっております。

内装

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

  • No.32

  • No.33

  • No.34

  • No.35

  • No.36

  • No.37

  • No.38

  • No.39

  • No.40

  • No.41

  • No.42

  • No.43

  • No.44

  • No.45

  • No.46

  • No.47

  • No.48

  • No.49

  • No.50

まず、入口をはいるとセンターキャビンになります。センターキャビンにはゆったりとくつろげるテーブルと大きなソファーがあります。

TV、エアコン、カラオケの装備があります。

写真に写っているカラオケセットとDVDオーディオセットは次の船で使用するために取り外してしまいます。古くから搭載していた物やCDセットに載せ替えを行いますので、ご了承ください。

キャビンを進んで階段を降りると、右舷側にはギャレーがあります。シンク、冷蔵庫、電子レンジ等の装備があります。ギャレーの向かい側にはオーナーズルームがあり、大きなベッドの装備があります。

そのまま前方へ進むとオーナーズルームの隣にはトイレとシャワールームがあります。

写真の通り、バウスペースはゲストルームになっていて、2段ベッドの装備があります。

船内にはたくさんの便利な装備がありますので、艇にお越しになられたお客様にもより楽しくなる空間が確保されています。

写真の通り、オーナー様は綺麗に使用されているのがわかる艇だと思います。

機関周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

  • No.32

  • No.33

  • No.34

  • No.35

  • No.36

  • No.37

  • No.38

  • No.39

  • No.40

  • No.41

  • No.42

  • No.43

  • No.44

  • No.45

本物件に搭載されているのはGM社製 6-71 195馬力 (最大238馬力) ディーゼルエンジンが2基のシャフト艇です。

アワーメーターは右舷789時間、左舷766時間です。燃料タンク容量は1500リットルです。巡航速度は22ノット、最高速度は25ノットです。

発電機はONANの8 KWが搭載されています。アワーメーターは不明です。

メンテナンス状況としては、定期的に船底塗装や消耗品の交換を行っています。

直近のメンテナンス状況としては平成30年4月に船底塗装、オイル交換、エレメント交換、クーラント交換、ベルト類交換、サブタンク取り付け、イルミネーション装備、作業灯取り付け、陸電インレット交換、ヘルム波よけアクリル板交換を行っています。また、平成30年8月にはスラスター用バッテリーにチャージャーを取り付けました。9月にはシャフトグランドパッキン交換、10月にはメインバッテリー3個の交換などを行っています。

現在のオーナー様は主にクルージングにご使用ですがご出航時にも問題なく使用しているとのことです。

取材状況

取材時は係留保管状態での取材でした。船ネットドットコムでは船底の確認やエンジン始動や走行状態の確認等は一切行っておりません。ご見学の際にはご試乗頂き、全ての事項をご確認の上、ご購入をお決め頂きますようお願い致します。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

東京エリア  関東東北(北海道)エリア統括宮川 博光(みやかわ)

担当コメント:関東・東北・北海道エリアの統括をしております。ご要望などございましたら、お問い合わせ下さい。

090-3212-0277
miyakawa@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。