閉じる

ヤマハ 和船39フィート

漁船タイプ・漁船・業務船九州南部

管理番号: 九州南部-006264 販売価格: 35 万円

値下げ65→35万円(元/06/15)ヤンマー4CX-GT搭載艇 まだまだ現役です

装備

コンパス

GPS

TE7501

魚探

FCV665

レーダー

JRC JMA2253

オートパイロット

ユニカス

舵リモコン

ユニカス

微速装置(トローリング)

無線機

AC/DCコンバーター

イケス

氷間

ステレオ

アンカーローラー

緊急支援連絡装置

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
9.84m 2.48m 0.88m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
12.1m 2.9m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • 時化に強く頑丈な船です
  • とにかく安っすい船です!
  • こつこつレストアするのが趣味な方に

基本情報

進水年月 1980年12月
年式 1980年
定員 3人
サイズ 39ft
トン数 4.7t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海,漁船
次回船検 本検査,漁船
(2019年04月11日)
検査準備済み
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤンマー
エンジン型式 4CX-GT
燃料種類 重油
搭載数 1基
検査手帳馬力 230馬力 / 2600rpm(回転数)
最大馬力 280馬力
推進機種類 シャフト船(キール)
巡航速度(参考) 約13ノット
最高速度(参考) 約22ノット
燃料タンク容量 1000リットル

広告


年式は古いですが、まだまだ現役のヤマハキール船です。

計器類も充実しています。

エンジンはヤンマー4CX-GTを搭載しています。燃料系の不具合がありますが、現状でのお引渡しとなります。

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

1980年12月に進水されていますので、船齢はかなり経過しますが、現在もバリバリ活躍中の船です。

 

底引きやもじゃこを漁を主にされていたそうです。

 

 

 

実長が12m10cm位ありましたので、39フィートサイズで出品いたしました。

 

横幅の実長は2.90mあります。

 

 

 

 

外観にはスレや色あせなどはありますが、船体はがっちりしていますので、航行に支障があるようなダメージはありません。

 

 

 

 

  

ハルには通常使用時にできたスレや水垢、汚れ等もありますが、ひどいものはありません。

きれいに塗装がされています。

 

 

 

 

 

 

船底はキールが入っています。


 

さらに、横揺れ防止のサイドスタビライザーが両サイドに付いていますので、静止性は抜群だそうです。

 

 

左舷側のサイドスタビライザーに欠けている個所があります。

 

 

船底には通常使用時に付いたキズやスレはありますが、割れや事故による補修跡はないとの事です。

 

 

ペラ、シャフトも問題ないとのことです。

 

 

 

長竿は売却時には取り外します。

フロントデッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

フロントデッキは長年の底引き漁やもじゃこ漁の活躍により、スレやキズ、木材のダメージもあり、デッキの上が若干ブア付く箇所もありますが、青色で見栄え良く塗装がされています。

 

 

表面のノンスリップがなくなりつつあります。

 

 

写真の白い布で覆われた箱は売却時には取り外します。

 

 

氷間と生け簀があります。

 

 

生け簀はもじゃこを120kg生かすことが出来るそうです。

ブリッジ周り

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

年式相応に経年劣化もありますが、特別に大きなダメージはありません。

 

 

白色で見栄え良くゲルコート塗装がされています。

 

 

両色灯、白灯等の航海灯類は点灯いたします。

 

 

レーダーアンテナはガッチリ取り付けられています。

 

 

ベンチレーターは作動しません。

 

 

ローラーは作動します。

 

 

サイドウォークの高さは65cm、幅は60cmとワイドです。

 

 

ブリッジ横の右舷側にあるホースはポンプが作動しませんので、使用できません。

必要でしたらポンプを交換されてください。

 

 

 

引き縄用の長竿は売却時に取り外します。

アフトデッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

アフトデッキにも長年の底引き漁やもじゃこ漁の活躍により、スレやキズ、木材のダメージもあり、デッキの上が若干ブア付く箇所もありますが、青色で見栄え良く塗装がされています。

 

 

表面のノンスリップがなくなりツルツルになっています。

 

 

舵シリンダーは錆び等もありますが、しっかりグリスアップされていますので、航行するには問題なく作動します。

 

 

点検口があります。

 

操舵装置

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

    緊急支援連絡装置

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.12

  • No.13

全体的に使用感がありますが、ここで操船するにあたっての特別な不具合はないとのことです。

 

 

底引きをする時のステンレスの太い漕ぎ辰がガッチリ付いています。

 

 

緊急支援連絡装置は首にぶら下げて使用します。

もし、海に落ちたり海難にあったりした時に連絡できる装置です。

 

 

ハンドルの下は大きな床間があります。

 

現在はバッテリーや物などが置いてありますが、ここで2人は寝ることができるそうです。

 

 

写真には写っていますがROYALのGPS魚探は売却時に取り外します。

キャビン/操舵室

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

ここでの操船も可能です。

 

 

アワーメーターは回転しているかどうかわかりませんが、他のメーター類は作動しています。

 

 

航海計器類は古いですが使用可能です。

 

JRCレーダー JMA2253

 

フルノ魚探 FCV665

 

TAIYO GPS TE7501

 

JRC 27MHz1w無線機

 

ユニカス 舵リモコン 

 

ユニカス オートパイロット

 

緊急支援連絡装置

 

エンジン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

ヤンマー4CX-GT 最大280馬力(検査手帳230馬力)が搭載されています。

 

 

このエンジンは2回目のエンジンで、平成15年位にこのエンジンに新品換装されたそうです。

 

 

平成18年にエンジンを開放し130万円ほどかけてオーバーホールをされた経験があるそうです。

 

 

使用時間ははっきりしたことが分かりません。

3年前に漁は辞められて、現在はたまに動かす程度だそうです。

 

 

最近、不具合があり、燃料噴射のタイミングが悪くて1700回転しか回せないそうです。

 

 

修理に20-30万円ほどかかるとのことですが、現状のままでのお渡しとなります。

 

 

エンジニアさんの紹介はできます。

 

 

それを直せば最高は22ノットは出るそうです。

 

 

巡航は1500回転13ノット位で走行されるそうです。

 

 

 

燃料タンクは左右併せて1000L入ります。

 

現在は重油を使用しています。

 

 

 

その他/取材状況

取材時はエンジン始動確認を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗いただき、納得の上でご購入を頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も実際にご見学者様にて全てをご確認ください。

ご見学の際は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者まで前もってお申しつけください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。