閉じる

清家造船製 航海計器豊富 遊漁船 高年式 2016年新造 遊漁船

漁船タイプ・漁船・業務船三重県

管理番号:三重県-006252 販売価格: 商談中(Sales Pending)

 航海計器類1000万超えの 速戦力の一艇です

更新

装備

法定装備

コンパス

GPS魚探

GPS魚探

魚探

レーダー

オートパイロット

3連リモコン

舵リモコン

微速装置(トローリング)

無線機

AC/DCコンバーター

フラップ

スラスター(電動式)

ツーバッテリーシステム

サーチライト

デッキライト

ウィンドラス

JETアンカー

スパンカー

イケス

デッキウォッシュ

電動リール電源

両舷 12か所

ロッドホルダー

集魚灯

マリントイレ(電動式)

エアコン(家庭用)

電子レンジ

ソナー

サテライトコンパス

サイン波インバーター二基

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
13.8m 3.35m 1.08m

サイズ()

実長 実幅 高さ
14.88m 3.5m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • クルージングよりもやっぱり釣りが趣味だね
  • クルージングもしたいし釣りもしたい!
  • 釣りはそこそこでいいの クルージングが好きだから
  • ウォークアラウンド艇を探している
  • 豪快にビルフィッシュ!
  • すぐに遊漁船業を始められる船を探している
  • 燃費がいい船を探している
  • 時化に強く頑丈な船を探している
  • メンテナンスが充実されたボートがいい
  • 手間がかからずにすぐに乗れる船がいい
  • 装備が充実している船がいい
  • 高年式!新しいのがいい
  • 暑いのは無理ー!エアコンは絶対条件っす
  • トイレは絶対必要なんです
  • キャビンは小さくてもあった方がありがたい

基本情報

進水年月 2016年02月
年式 2016年
定員 15人
サイズ 50ft
トン数 7.3t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2019年06月10日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 三菱(ダイヤ)
エンジン型式 S6M4-T2MTKL
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 498馬力 / 2470rpm(回転数)
最大馬力 530馬力
掲載時の使用時間 約3165時間
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
巡航速度(参考) 約23ノット
最高速度(参考) 約29ノット
燃費 1時間あたり
約40リットル
巡航2100rpm
燃料タンク容量 900リットル
発電機

ワット数:0kw

メーカー名:コーラー

ワット数:6kw

使用時間:350h

燃料:軽油

広告


 

 

2016年進水

 清家造船製 遊漁船

 装備 艤装抜群(航海計器類1000万超え) で 超美艇 

     業社様には 速戦力の一艇です 

船体 全体

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

 

 

 

 

 地場造船にての 造船で まだまだ 真新しい

 

 2016年式(平成28年)高年式の

 

清家造船所製

遊漁船 50FTです

 

新艇から2年が経過して居りますが

 

大変綺麗な状態です

 

しかしながら、年式による小傷等は

 

有るものとお考え下さい。 

 

 

いつでも乗り出すことの出来る

 

状態の超美艇です。

 

 

 

☆外観

 

外装は取材時

 

船体周りなどキレイに掃除されて

 

いましたので、大変綺麗でした

 

 

 

 

部分的に各ハッチの

 

スカッパー等に

 

保管中に堆積した埃汚れ等は

 

見られましたが、洗剤洗いで

 

落ちる程度でした。

 

また部分的に細かい部分では

 

指摘すべき汚れ等は

 

見受けられますが、

 

FRPの大きな割れや

 

ヒビ等は見受け

 

られませんでした

 

 

年式相応と言えると思いますが

 

 

 

 大変綺麗に見受けられました。

 

 

 

 

デッキ回り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

  • No.32

  • No.33

  • No.34

  • No.35

  • No.36

  • No.37

  • No.38

  • No.39

  • No.40

  • No.41

  • No.42

  • No.43

  • No.44

  • No.45

  • No.46

  • No.47

    キャビン入り口高さ

  • No.48

    キャビン入り口屋根幅

  • No.49

  • No.50

  • No.51

  • No.52

  • No.53

  • No.55

  • No.56

  • No.57

  • No.58

 

 

 

 

 

 

地場造船艇で船体構造はしっかりとした

 

凹凸のないフラットデッキ

 

構造でデッキ面のブワブワ感も無く

 

生簀もあり

 

綺麗な印象を受けました。

 

釣り座に関しましても

 

間隔を 少し 広くとって ゆったりとした

 

感覚で 釣りに集中できるかと思います

 

その間隔ごとに

 片舷 6個  

 

 両舷で12個の

 

 竿受け リール電源 雑用水ホースが

 

設備されており 快適に釣りに集中できると思います。

 

 

キャビン 操縦席

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

    キャビン入り口

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

  • No.32

  • No.33

  • No.34

  • No.35

  • No.36

  • No.37

  • No.38

  • No.39

  • No.40

 

私感的ですが

 

このキャビンへのサイドからの

 

出入りのスムーズさに

 

すごく 感動的で 出入り時のデッキの段差が

 

 

わずか 20Cmほどで なんの ストレスもなく

 

出入りが可能でした

 

しかも 両サイド からの 

 

出入りが可能で

 

船長様 又 乗員様も 快適に 

 

出入りできることと思います。

 

キャビン内にいましても

 

大変明るく視界良好で

 

操縦しやすそうなつ

 

設計になっていると思います。

 

スラスターも、

 

装備されておりますので

 

離岸 着岸時 にも 

 

操縦しやすくなっております。

 

室内定員も9名ほど確保されており

 

悪天候時の移動や 長距離へのポイント移動時にも

 

ベンチシートにて、快適に船内で過ごせるかと思います

 

又運転席前にも 船室として

 

 

十分なスペースも確保されており

 

               

大人が 横になれるほどの

 

スペースで釣り道具等一式

 

収納するには

 

十分の広さ高さはあると

 

思われます。

 

 

 

 

 

航海計器 艤装品 

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

  • No.32

  • No.33

  • No.34

  • No.35

  • No.36

  • No.37

  • No.38

  • No.39

  • No.40

  • No.41

  • No.42

  • No.43

    左右舷

  • No.44

  • No.45

  • No.46

  • No.47

  • No.48

  • No.49

  • No.50

  • No.51

  • No.52

  • No.53

  • No.54

 

 

(オーナー様談にて) 

 

 

航海計器等にこだわり

 

当時 1千万以上の経費にて 配置 使いやすさを重視し

 

なんら不自由なく釣りに集中できるように 

 

【釣る人 釣らせる人が 満喫できるよう】と

 

試行錯誤の上

 

こだわり抜いての 装備 艤装になっているとのことです。

 

 

 

装備計器に関しましての

 

細かい動作確認の方は

 

見船時試乗時に見学者様にて

 

御確認ください。

エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

  • No.32

  • No.34

  • No.35

  • No.36

  • No.37

  • No.38

  • No.39

  • No.40

  • No.41

  • No.42

  • No.43

  • No.44

  • No.45

  • No.46

  • No.47

  • No.48

  • No.49

  • No.50

  • No.51

  • No.52

  • No.53

  • No.54

  • No.55

  • No.56

  • No.57

  • No.58

  • No.59

  • No.60

  • No.61

  • No.62

 

 

三菱重工S6M4-T2MTKL(498馬力)

 

 最大498馬力が搭載されています

 

 無理して回転を上げる必要も

 

なく、エンジンに負担を掛けるこ

 

と無く走れるそうです。

 

巡航   ノットをキープ

 

 

舵効きも良いようです。

 

エンジンを掛けてもらいましたが

 

始動性も良く水中排気のため

 

とても静かで 快適な

 

エンジン音でした。

 

 

現在のアワーメーターは3165時間

 

を指していますが現在も使用中ですので

 

時間数は変動いたします。

 

軽微な錆や汚れはありますが、

 

非常にエンジンルーム内は

 

綺麗な状態で、ビルジに汚れ等は

 

見受けられませんでした。

 

エンジンルーム内は広いので、

 

整備や点検等はやりやす

 

そうでした。

 

必要以上に

 

自己メンテナンス及び

 

【専門業者様の 整備 修理】

 

で 現在もコンディションは

 

特別な問題なく動くとのことで

  

取材の際には、

 

海上試運転はできません

 

でしたので

 

御見学 御試乗時に 

 

再度お確かめ頂くことを

 

お勧めします

 

 

 

図面 取説

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

出品理由

乗り換えのため

取材状況

 

 

 

 

 

船ネットドットコムではエンジン始動や

走行状態の細かな確認等は一切行っておりません

ご見学の際にはご試乗頂き、

全ての事項をご確認の上

ご購入をお決め頂きますよう

お願い致します。

 

 この艇の沖乗りでの状態など細かい所までは

今回の取材では、

解りかねる部分がありますので

必ず

 見船 試乗の際に売主様の意見をお聞きすることを

お勧めさせていただきます。

又装備計器に関しましての

細かい動作確認の方も

見船時試乗時に見学者様にて

御確認ください。

 

 

 

注意事項

 

 

 

 

注意事項
紹介物件によっては、
見学や商談のお申し込みが
集中する場合も御座います。

その場合、紹介物件の購入を
即決頂いた場合や、手付金等の
お支払いのお申し出の有る方を
優先的に、ご商談を進める場合も
御座いますので、ご了承下さい。

 

画像にあるすべてのものでなく 
漁具 個人私物 等は 
基本付属できませんので
気になる 艤装品及び付属品などに
関しましては 御見学の際 
直接売主様に 
お聞きするようお願いいたします。

 

 

見学試乗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★見学・試乗
●天候や海況によっては延期・中止になる場合も御座いますのでご了承下さい。

 

 

●試乗当日は試乗料・燃料料として別途ご負担をお願いいたします。

 料金等詳細はおといあわせください

★注意必読★

写真やコメントはあくまでも参考とし見学時には必ず試乗して頂きオーナー様に直接ご質問等で確認をして下さい。最終的には必ず購入者様の判断にて購入決定される事をお願い致します。

 

紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や手付金等のお支払いのお申し出のある方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、

ご了承ください。

 

この船のyoutube動画:


ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

三重&静岡西部エリア  関西・東海エリア統括大山 将実(おおやま)

担当コメント:関西・東海エリア統括をしております。ご意見や要望等有れば、お気軽にお問い合わせ下さい。

090-3257-0062 FAX 0596-36-3400
ohyama@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。