閉じる

ヤンマー GA50CV-C

漁船タイプ・漁船・業務船熊本県

管理番号:熊本県-005688 販売価格: 1,380 万円

3120時間 スラスター取付中です

新着 更新

装備

法定装備

GPS

KODEN GTD 111

魚探

KODEN CVS-841

レーダー

KODEN MDC-1040

オートパイロット

ユニカスCD50

3連リモコン

無線機

JRC27MHz

AC/DCコンバーター

スラスター(電動式)

サーチライト

デッキライト

スパンカー

オーニング

電動式アンカーウィンチ

前後2ヶ所

イケス

氷間

集魚灯

マリントイレ(電動式)

エアコン(家庭用)

ステレオ

KODEN GPS SPD 300

ユニカス レバー式遠隔リモコン

スズラン灯 LED灯

ヒューガルポンプ

エンジンルームモニター

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
12.09m 3.09m 0.95m

サイズ(実測値)

実長 実幅
15.6m 3.15m

  • 豪快な釣りをしたい
  • 装備が充実されたボートがいい
  • 使用時間が少なめのエンジンがいい
  • 時化に強く頑丈な船を探している

基本情報

進水年月 1995年11月
年式 1995年
定員 13人
サイズ 50ft
トン数 6.2t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海・沿岸5海里,漁船
次回船検 本検査,漁船
(2019年09月10日)
清水タンク容量 200リットル
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤンマー
エンジン型式 6GX-ET
燃料種類 重油
搭載数 1基
検査手帳馬力 430馬力 / 2330rpm(回転数)
最大馬力 530馬力
掲載時の使用時間 約3119時間
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
巡航速度(参考) 約18ノット
最高速度(参考) 約26ノット
燃費 1時間あたり
約50リットル
燃料タンク容量 2000リットル
発電機

メーカー名:サワフジ

ワット数:3kw

ワット数:8kw

燃料:軽油

広告


サイドスラスターや計器類等の装備満載のヤンマーGA50をご紹介します。

外観/船底

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

オーナー様は釣りや接待などで使用されています。

 

この船を10年ほど所有されていますが、もっと大型の船に乗り換えたくて、今回のご出品となりました。

 

 

 

 

取材時(H30年3月)はサイドスラスター取付けと船主の増設工事中でしたので、工事風景を撮影させていただきました。

 

 

また、バルバスを増設工事中でした。

これにより直進性、安定性、静止性にもすぐれ、また、スピードが遅くなるのかと思いきや、逆にスピードUPが期待できるようです。

 

 

丁寧に仕上げをされていました。

 

 

 

このヤンマーGA50は平成7年11月に進水されていますので、船齢は23年程が経ちますが、オーナーの手入れにより、いいコンディションに保たれています。

 

 

 

 

船体は頑丈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハルには通常使用時にできた小傷や、フェンダーのスレ等もありますが、目立つような汚れやキズはありません。

 

 

 

 

 

ガンネルには、通常使用時にできた軽微なキズや凹みはありますが、がっちりしています。

 

 

 

 

 

 

 

船底はブラケットタイプです。

 

割れや事故歴はありません。

 

 

 

 

両サイドには横揺れを抑えるサイドフロートが設置されています。

 

 

 

 

 

 

ペラ、シャフトも問題なしです。

シャフトは60mmです。

 

 

画像は船体の船名を消しています。

 


フロントデッキ/サイドデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

 

 

 

デッキはきれいで頑丈です。

 

 

 

 

 

 

表面のブア付き感もありませんし、バウレールもガッチリしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤングローラーも問題なく作動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニカスのレバー式遠隔リモコンがセットされているのが嬉しい装備です。

 

 

 

 

 

大容量の生け簀、氷間もあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
取材時は取付中でしたがスラスターも嬉しい装備です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サイドデッキの幅は55cm、デッキからの高さは58cm位ありましたので、前後へのアクセスも容易ですし、サイドデッキでも余裕の竿出しができます。
 
 
 


ブリッジ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

LEDライト、スズラン灯、集魚灯、サーチライト、航海灯類、汽笛などには不具合ありません。

 

 

 

 

ブリッジ周りも問題点はありません。

 

 

 

 

一番前からキャビンの後ろまでの長さは4.80㎝位ありますので、中はとても広い設計です。

 

 

 

 

 

扉や窓はスムーズに開閉できます。

 

 

 


アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

 

 

ワイドなオーニングは頑丈に作られています。

 

 

 

 

 

ここにはゆっくり腰かけられる椅子が設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デッキ下に子機エンジンと清水タンク200Lがうまいことビルトインされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろデッキのアンカーウィンチも作動します。

 

 

 

 

舵シリンダーには鉄の部分に錆が発生していますが、問題なく普通に作動します。

 

 

 

 

 

点検口もついていますので、ペラに何かが絡まったりしても安心です。

 

 

 

 

 

アフトギャレーは動くと思いますが、最近はあまり使用されていないようなので、ご見学時には作動確認してください。

 

 

 

 

 

長さ480cmのブリッジ後部に、個室トイレが増設されています。

 

 

 

トイレの幅は85cm位ありましたので、余裕のスペースです。

 

 

 

 

 

 

 


子機エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

イスズ8kwの子機エンジンです。

 

100V 4kw

200V 8kw

 

うまくデッキ下にビルトインされています。

 

調子もいいです。

 

 

 


コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

エンジンルームモニターとオートパイロット

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

No.23

No.24

 

 

 

家庭用のエアコンが設置されていますので、快適空間です。

 

 

配電盤やメーター類も上手く設置されています。

 

 

 

回転窓も2個とも作動します。

 

 

 

 

KODEN液晶のGPSやレーダー、魚群探知機、オートパイロットなどの航海計器は平成17年12月に設置されたものだそうです。

 

 

 

小型テレビはエンジンルームモニターです。

エンジンルームにカメラが設置されていて、このモニターでエンジンの状態やビルジの確認等が出来るようになっています。

 

 

 

排気温度計も付いている為、オーバーヒート防止に大いに活躍しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床下にはバッテリー室があります。

中は結構広いです。

 

 

 

 

 

ドライバーシートもゆったりシートです。

 

 

ここで操船するにあたっての特別な不具合はありません。

 

 


キャビン

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

ここは天井は低めですが、大人が3人は横になれます。

 

胡坐でしたら4-5人は余裕で座れます。

 

 


エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

現在のオーナーは2オーナー目で、H19年10月に865時間の時に購入され、10年程所有されています。

 

 

使用頻度は年に200~250時間くらいだそうで、現在のアワーメーターで3119時間の表示ですので、まだまだこれからのエンジンです。

 

 

エンジン外観には錆やオイル汚れもありますが、中身を大事にされるオーナーですから、メンテナンスは近くのエンジニアさんにお願いされ、消耗品交換などはきっちりされているとのことです。

 

ですから、今までに特別なエンジントラブルはなく、調子はすごくいいようです。

 

 

巡航スピードは1800回転の18ノット位で走るそうです。

 

最高は26-27ノット位だそうです。

 

 

燃料タンクは2000L入ります。

 

 

 

燃費は結構良くて、1時間当たり50L位だそうです。

 

うまく走ればもっとよくなると思われます。

 

 

 

発電機はサワフジの3kwが搭載されています。

 

 

調速機は電子式だそうです。

 

 

 


その他/取材状況

取材時はエンジン始動確認及び試乗を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗頂き、ご納得の上でご購入をお決め頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も実際にご見学者様にて全てをご確認ください。

ご試乗の場合は準備の都合上、前もってお知らせください。天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。



ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。