閉じる

ヤマハ UF30(FU7-A)

プレジャーボート熊本県

管理番号:熊本県-005461 販売価格: 売却済(SOLD)

美艇!エンジン綺麗です

装備

法定装備

コンパス

GPS魚探

FUSO

GPS魚探

KODEN

ソーラーパネル

2ステーション

サーチライト

デッキライト

トランサムステップ

スイムラダー

オーニング

電動式アンカーウィンチ

イケス

フロントウィンドカバー

マリントイレ(電動式)

巻き餌ホルダー

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
8.89m 2.49m 0.6m

サイズ(カタログ値)

実長 実幅 高さ
9.27m 2.85m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • キャビンはあった方がありがたい
  • 良く手を入れられたボートがいい
  • クルージングもしたいし釣りもしたい!
  • 古くても綺麗で清潔な船を求めている

基本情報

進水年月 1994年06月
年式 1994年
定員 10人
サイズ 30ft
トン数 5t未満
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 本検査
(2018年08月14日)
船底塗装歴 あり
保管状態 陸上
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ボルボペンタ
エンジン型式 AD41/DP
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 150馬力 / 3250rpm(回転数)
最大馬力 200馬力
掲載時の使用時間 約1800時間
推進機種類 ドライブ艇
巡航速度(参考) 約20ノット
最高速度(参考) 約27ノット
燃料タンク容量 200リットル

広告


今回ご紹介するヤマハUF30はオーナーのお手入れにより、きれいにされています。

エンジンはピカピカでコンデションもGOOD。お勧めできるボートです。

外観/船底

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

 

 

 

H6年6月に進水されていますので船齢は23年になりますが、オーナーのお手入れにより、年式を感じさせないコンディションに保たれています。

 

 

 

 

 

ハルは2年ほど前にバフ掛けをされていますし、マリーナに上架保管されていますので変色等も少なく、FRPの光沢もありきれいです。

 

 

 

若干、細かいフェンダーのスレや小キズなどもありますが、大きな損傷等はありません。

 

 

 

 

 

ガンネルは凹みや擦れは軽微にありますが、浮き上った所や割れなどはありません。

 

しっかりと取り付けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船底は、以前係留されていた時期もあるので、塗装経験があります。

 

 

マリーナのクレーンで上げ下げした時のスレや、船台に乗せた時にできたキズなどは軽微にありますが、気になるようなものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリッジ周りも、ひどい痛み箇所はありません。

 

航海灯類はすべて点灯しました。

 

 

 

 

 

 

 

ハンドレールには軽微な電蝕はありますが、グラつくことなくしっかりと固定されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

セミフライブリッジ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

    集魚灯スタンド

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

    取り外し可能な足置き

  • No.13

  • No.14

  • No.15

 

 

ここで操船すれば、すばらしい爽快感が味わえると思います。

 

 

 

ここにはハンドル、前進後進リモコン、メーターがセットされ、セミフライブリッジとして大活躍です。

 

 

 

 

LEDの集魚灯等が取り付けられるスタンドが左右に付いています。

 

 

 

 

 

レーダーアンテナ、サーチライト、ソーラーパネルもセットされています。

 

サーチライト(ジャブスコ)はH29年9月に新設されたばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2脚のチェアーやステンレスのレーダーアーチも、しっかりと取り付けられています。

 

 

 

 

 

また、取り外し可能な足置きがセットできるように工夫されていますし、左右にラダーも付いていますので、デッキからのアクセスも容易です。

 

 

 

 

 

ステンレスのオーニングも頑丈です。

テントの張りもしっかりしています。

 

 

 

 

船底からハンドルまでの高さを測りましたら2.95mありました。

 

 

オーニングとレーダーアーチは一体式になっていますので、トラックで運搬する時には、レーダーアーチの上の部分をカットして高さ調節をする必要があります。

 

 

 

デッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

    埃水防止カバー

  • No.10

    埃水防止カバー

  • No.11

  • No.12

  • No.13

    まき餌籠ホルダー

  • No.14

  • No.15

  • No.16

フロントデッキはきれいです。

バウレールのグラつきもありません。

 

 

 

通常の使用時についた小さなキズやスレはありますが、ひどいものはありませんし、ブアブアした箇所はありません。

 

 

ロープロッカーのハッチはきっちり閉まります。

 

 

アンカーウィンチも問題なく使用できます。

 

 

 

 

 

 

アフトデッキは大人2-3名でのフィッシングは余裕の広さです。

 

  

 

フロントデッキと同様に表面はきれいです。

ブアブアした箇所はありませんし、餌や撒き餌等の匂いもありません。

 

 

 

それぞれのハッチはダンパーの緩みもなく開閉できます。

 

 

 

 

エンジンハッチの両サイドのインテークからゴミや水が入り込まないように、埃水防止のカバーを取り付けられています。 

 

 

 

 

 

生け簀ハッチの角に割れが発生していましたが、生け簀自体は問題なく使用できます。

 

 

両脇に頑丈な板を取り付けて、足場を釣りがしやすいように工夫されています。

 

 

 

 

 

まき餌籠がセットできるホルダーをお付けされます。

 

 

 

 

 

 

サイドデッキも広めですので、前後デッキへのアクセスも容易です。

キャビン/コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

    こちらのコンパスと入れ替え

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

 

 

 

コックピットの天井は艶がありきれいです。

 

 

 

床のカーペットを剥がしてみましたが、ここも綺麗です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可倒式のテーブルがセットされています。

 

なにかと便利です。

 

 

 

 

後ろデッキから見える位置にモニターがセットされています。

 

 

 

 

 

 

コックピットにセットされているコンパスは頂き物ですので、売却時にはNO12のコンパスと入れ替えする予定です。

 

 

 

 

 

 

GPS魚探は問題なく作動しました。

 

 

レーダーはH29年2月に検査を受けられています。

 

 

 

 

ドライバーシートはスレやシミなどがあり、使用感がありますが、磨けばもっときれいになると思います。

 

 

 

 

 

 

タコメーターは普通に作動します。

 

 

 

アワーメーターの液晶が見えたり見えなかったりするそうです。

 

 

 

現在は1800時間位だそうです。

 

 

 

 

 

 

ハンドルと前進後進のリモコンの動作には不具合ありません。

 

 

 

バウバース

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

キャビン内も年式の割にはきれいだと思います。

 

気になる生活臭もありません。

 

 

 

 

最近、スカイライトハッチの周りから、若干ですが雨のにじみがあるようですので、パッキンの交換をお勧めします。とのことでした。

 

 

 

 

クッションはオリジナルのままです。

綺麗に使用されています。

 

 

電動のマリントイレも使用可能です。

 

 

 

 

 

 

次回定期検査はH30年8月です。

 

法定備品は信号紅炎のみご用意ください。

 

他は全てそろっています。

エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

    大きな燃料フィルター

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

エンジンルームもエンジン本体もオーナーのお手入れにより、素晴らしくきれいにされています。

 

 

 

ここまできれいにされているのは初めて見ました。

 

 

 

取材時の使用時間は1800時間くらいだそうです。

 

 

 

 

メンテナンスもきっちりされ、記録もしっかり残されていますので安心です。

 

 

 

 

オイル交換はこまめに年に2回、春と秋口にされています。

 

 

オイルフィルターは年に1回の割合で交換されています。

 

 

 

 

取材時は、大きめの燃料フィルターを新設されていました。

あとホースを取り付けるとOKです。

 

 

 

 

 

その他は

H26年08月

ミキシングエルボ新品交換

 

 

 

H29年10月

オルタネーターVベルト交換

 

海水インペラ交換

 

 

 

 

 

 

オーナーは、全開で走ったことがないそうで、いつもは15-16ノット位でエンジンを労りながら走られるそうです。

 

 

おそらく最高スピードは28ノット位は出ると思われます。

 

 

 

現在の調子は快調とのことです。

 

 

 

ドライブ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

 

 

ドライブもきれいです。

 

 

電蝕防止のために塗装もされています。

 

 

H29年10月

チルト油圧シリンダーの左右のシールを交換

 

チルト油圧ポンプの作動油の交換

 

ギアオイル交換

 

ベローズ交換

 

各所グリスUP

 

 

現在、上下動作も問題ありません。

 

どうぞ試乗にお越しくださいませ。

 

 

 

取扱説明書

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

 

 

当時のカタログや、各取扱説明書も揃っています。

船台

船台はご希望でしたら別途30万円でお譲りします。

ボルトで全てバラバラにできる船台です。

その他/取材状況

取材時はエンジン始動確認を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗頂き、ご納得の上でご購入をお決め頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も実際にご見学者様にて全てをご確認ください。

ご試乗の場合は準備の都合上、前もってお知らせください。

マリーナの上下架料金3000円をお支払いください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。