閉じる

ヤマハ FG39(G2Y)

プレジャーボート熊本県

管理番号:熊本県-004966 販売価格: 540 万円

装備

法定装備

コンパス

GPS魚探

YF1200SⅡ

レーダー

フルノ1715 

オートパイロット

マロール

舵リモコン

ソーラーパネル

サーチライト

デッキライト

スイムラダー

オーニング

電動式アンカーウィンチ

イケス

デッキウォッシュ

電動リール電源

集魚灯

マリントイレ(電動式)

ギャレー

エアコン(家庭用)

電子レンジ

インバーター

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
10.32m 2.55m 0.83m

  • キャビンはあった方がありがたい
  • ちょっとワイルドな釣りをしたい
  • 時化に強く頑丈な船を探している
  • ヘビーに汚れてる!けど、これ位なら自分で綺麗にできるし

基本情報

進水年月 1991年07月
年式 1991年
定員 13人
サイズ 39ft
トン数 5t未満
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2018年11月04日)
清水タンク容量 300リットル
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 あり
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤマハ
エンジン型式 N21(MD629KUH)
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 285馬力 / 2900rpm(回転数)
最大馬力 350馬力
掲載時の使用時間 約3950時間
推進機種類 シャフト船
巡航速度(参考) 約17ノット
最高速度(参考) 約22ノット
燃料タンク容量 600リットル
発電機

広告


外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

オーナーは主に休日のフィッシングを楽しまれています。

 

 

平成16年6月に中古で購入され、約13年間所有されています。

 

 

年間約100時間程度を使用されるそうです。

 

 

 

 

平成3年7月に進水されていますので船齢は26年が経ちますが、さすがはヤマハFG39、船体はしっかりしています。

 

 

 

前オーナー時に、乗り降りがしやすくワイドなバウスプリットに改築されています。

 

 

 

 

ハルには通常使用時に付いたスレやキズ、FRPのカケなどもありますが、大きなダメージはありません。

 

 

汚れや黄ばみもありますので、一度バフ掛けをされるとFRPの白さは甦ると思います。

 

 

 

 

ガンネルにはスレやキズはあります。

 

一部を切り取って付け替えた補修痕もあります。

 

 

 

 

船底は通常の使用時に付いたようなスレやキズはありますが、ひどい割れや凹みはないとのことです。

 

 

 

 

シャフトペラも特別な問題点はないようです。

 

 

 

 

 


フロントデッキ/サイドデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

デッキ表面には、使用時についた小さなキズやスレはありますが、通常のもので、ひどいものではありません。

 

 

 

係留保管されていますので表面は汚れていますが、洗えば落ちる程度の汚れです。

 

 

 

表面がブアブアする所もなく、ロープロッカーのハッチの上もしっかりしています。

 

 

 

 

ワイドに増設されたバウもしっかりしています。

 

バウレールのグラつきもありません。

 

 

 

 

 

 

アンカーウィンチも作動します。

 

 

 


ブリッジ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

窓にシール

No.10

窓にシール

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

エンジンルームへのハッチ

ブリッジ周りは、アクセントカラーの剥がれや色落ちやがあったり、汚れや黄ばみもあったりします。

 

 

 

 

屋根にはソーラーバッテリーが取り付けられています。

 

 

航海灯、サーチライト、集魚灯も問題なく点灯いたします。

 

 

レドームはしっかりと取り付けられています。

 

 

 

 

ハンドレールのグラつきはありません。

 

 

 

窓から雨漏りがあるようで黒いシールを貼って応急処置されています。

 

 

 

 

ガッチリとしたオーニングが設置されています。

 

 

 

 

左舷側にはエアコンの室外機とギャレー、右舷側には前進後進のリモコンがセットされています。

 

 

 

ヒューガルポンプ、ギャレーの水も出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

電動リール電源

No.10

電動リール電源

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

アフトデッキには、小さなキズやスレもありますが、通常の使用時についたもので、ひどいものではありません。

 

 

 

係留保管されていますので表面は汚れていますが、洗えば落ちる程度の汚れです。

 

 

 

表面のブア付き箇所はありません。

 

 

 

イケスハッチの上もしっかりしていますし、きっちり閉まります。

 

 

イケスのスカッパーの締まり具合も問題ありません。

 

 

 

 

トランサムにラダーが設置されています。

 

 

 

 

電動リール電源がセットされています。

 

 

 

 

舵シリンダーの外観はさびもありますが、使用するにあたって特に問題点はないとの事です。

 

 

 

 


エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

No.23

No.24

No.25

ヤマハN21 船舶検査手帳285馬力が搭載されています。

 

エンジンルームへはキャビン入口下のハッチから出入りができます。

 

 

 

 

 

最近では3月に主機バッテリーを2個交換されています。

 

 

アクセサリー用は2年ほど使用されているそうです。

 

 

ソーラーが繋いでありますので、バッテリーが上がったことはないとのことです。

 

 

 

 

エンジンオイル、フィルター類の交換は昨28年11月に交換されたそうです。

 

この時にインペラも見てもらったそうですが、大丈夫だったのでインペラは交換されていません。

 

 

 

 

 

燃費は1時間に35から40L位の使用量だそうです。

 

 

燃料タンクは300+300Lの計600L入るようです。

 

 

 

 

まだ使用時間が3950時間と少ない事もあって、今までに特に不具合箇所無い為、大掛かりな部品交換などの経験はないとの事です。 

 

 

 

 

発電機がセットされています。

 

 

プレートが見えなかったので何kwかはわかりませんが、これで集魚灯を点灯させています。

 

 

 

 

エンジンの調子はよいとのことです。

 

現在もたまには乗りますので、取材時のアワーメーター(3950時間)は少しずつ伸びます。

 

 

 

 

 

 

 

 


キャビン/コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

窓周りに木枠

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

No.23

No.24

No.25

No.26

No.27

天井や壁のクロスは年式相応にシミや色あせがあります。

 

 

 

床のは使用感が目立ちます。

 

 

 

天井のハッチは問題なく開閉できます。

 
 

 

ドライバーシートには色褪せ感や使用感があります。

 

 

 

 

ハンドルや前進後進のリモコンには不具合ないようです。

 

 

 

GPS魚探はヤマハを使用されています。

 

もう一つ下にもKODENのがありますが、今は使用していないそうです。

 

 

 

レーダー、オートパイロット、舵リモコンは問題なく作動します。

 

 

 

 

回転窓は問題なく作動します。

 

窓周りに木枠がしてあり腐食が発生しています。

 

前オーナー時に何らかのメンテナンスがされたのかもしれません。

 

 

 

 

 

家庭用のエアコンと電子レンジがセットされています。

 

 

 

釣り具等の私物は売却時には片付けしてお引渡しされます。

 

 


バウバース/マリントイレ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

壁や天井、クッションは軽微にシミや汚れもありますが、気になるカビ臭さはありません。

 

 

 

スカイライトハッチからの雨漏りはなさそうです。

 

 

 

 

 

 

個室トイレは、ドアの開閉は問題なくきっちりとできます。

 

 

現在は物入れとなっています。

 

トイレは、ほとんど使用されていないようですのでメンテナンスが必要かもです。

 

 

 

 

 


その他/取材状況

取材時はエンジン始動確認及び試乗を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗頂き、全ての事項をご確認の上でご購入をお決め頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作も確認いたしましたが、実際にご見学者様にて全てをご確認ください。ご試乗の場合は準備の都合上前もってお知らせください。天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合が御座います。この場合、購入を即決頂いた場合や、手付金のお支払いが有る方と優先的にご商談を進める場合も御座いますのでご了承下さい。



ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:九州地区の大雨災害でのボランティアの為、7月13日頃まで電話やメールでの連絡が取りにくくなります。 遅くなりましても必ず返信いたしますので、しばらくお待ち下さいますようお願いいたします。

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。