閉じる

ヤマハ SC38

プレジャーボート熊本県

管理番号:熊本県-000047 販売価格: 応相談(Price Asking)

2013年オーバーホール済

装備

法定装備

GPS

魚探

KODEN CVG-8080Mk2

レーダー

KODEN MD3604

トランサムステップ

スイムラダー

オーニング

電動式アンカーウィンチ

イケス

強制循環式

積載クレーン

マリントイレ(電動式)

ギャレー

マリンエアコン

液晶テレビ

ステレオ

電子レンジ

陸電システム

製氷機 東芝

魚探 KODEN CVS106

予備バッテリー

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
11.2m 3.98m 2.19m

基本情報

進水年月 1990年01月
年式 1990年
定員 13人
サイズ 38ft
トン数 5t未満
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
船底塗装歴 あり
保管状態 陸上
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ボルボペンタ
エンジン型式 TAMD63
燃料種類 軽油
搭載数 2基
検査手帳馬力 270馬力 / 2550rpm(回転数)
推進機種類 シャフト船
巡航速度(参考) 約20ノット
最高速度(参考) 約24ノット
燃費 1時間あたり
約150リットル
1機約75L位
燃料タンク容量 1200リットル
発電機

メーカー名:オナン

ワット数:8kw

使用時間:1374h

燃料:軽油

広告


シーズン前のメンテナンス済みですのですぐに乗り出し可能です。

ギャレーポンプ交換 オートビルジ交換 オーニングテント交換致しました(H30/1月)

 

今回ご紹介するヤマハサロンクルーザーSC38は、ヤマハの名艇と言われるSC950の継承モデルともいえる完成度の高いサロンクルーザーです。

ゆとりのキャビンレイアウトはマリーナステイで、一クラス上質のフライブリッジは操船スペースとしてだけではなく、くつろぎのスペースとして、また、広めのアフトデッキはフィッシングやサンデッキとしてもご使用頂けます。

クルージンや別荘代わりにと、あらゆるシーンでの活躍が期待できます。

 

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

1990年式に進水されていますので、ハルには軽微な汚れやスレなども発生していますが、特に目立つような酷いものはありません。

 

ゲルコートも問題ないようなので一度バフ掛けでもすれば見違えると思います。

 

3本のワイパーは動きますがブレードの折れや色あせが発生しています。

 

デッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

表面はブアブアするところはありませんし、ノンスリップの状態も問題ありません。

 

フロントデッキのアンカーウィンチは問題なく使用できるとの事です。

 

ロープロッカーは、ゴムパッキンの劣化やハッチ裏などにカビなどが発生していますが、ハッチのヒンジは問題なく、きちんと開閉できます。

 

ステンレスのバウレールもグラつくことなくしっかり固定されています。

 

アフトデッキには強制循環式のイケスがセットされています。その隣にはシンクシャワーもあり便利です。

また、ジェットスキーを上下架できるクレーンも装備されています。

 

ステンレスのハンドレールはグラつくことなくしっかり固定されていますが、アクリルのウィンドシールドに割れが発生している箇所があります。

船底

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

船底は塗装されていますが、通常は陸上保管されていますので綺麗な状態です。割れや大きなキズ、凹みはありませんでした。

ペラ、シャフト、舵も問題なさそうです。

フライブリッジ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

紫外線が一番たくさん当たるところなので色褪せ感はありますが、メーター類も特に動かないところはなく、コックピットでの操船は不具合ないとの事です。

 

シートは軽微な汚れもありますが破れもなくきれいな方です。対面になりますので、FBでゆっくりくつろげます。

 

オーニングはテント地の汚れはありますが、破れは無く張り具合も問題ありません。フレームもしっかりしています。

 

ステンレスのハンドレールはグラつくことなくしっかり固定されていますが、アクリルのウィンドシールドに割れが発生している箇所があります。

 

アフトデッキからFBにアクセスするラダーのグラつき感はありません。

エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

1995年3月に2機とも新品に交換されています。

メンテナンスは信頼おけるマリーナさんにお任せされてらっしゃいます。

オイル交換などの消耗品の交換は定期的にされています。


2005年にされた部品交換は下記のとおりです。

両方ともターボ新品交換

フィッティングキット交換

サーモモニター交換

インテークホース交換

 

 

2013年1月には、念の為にしっかりと250万円程かけてメンテナンスをされましたので、調子はいいとの事です。(メンテナンス明細表もあります)

メンテナンス内容は下記のとおりです。

左エンジン脱着OH

エンジンルーム防水加工

ヘッド脱着、シリンダーライナー点検交換

各部品計測洗浄、組付け

シリンダーヘッド研磨、バルブシートカット、摺り合わせ

海水ポンプOH

ドライブベルト、テンショナー交換

エンジンオイル、エレメント交換

エアクリーナー交換

燃料フィルター交換

油水分離フィルター交換

 

右エンジン

右舷ターボチャージャー交換

清水交換

ターボAssy交換

海水ポンプOH

ドライブベルト、テンショナー交換

エンジンオイル、エレメント交換

エアクリーナー交換

燃料フィルター交換

油水分離フィルター交換

 

25年8月には

清水のポンプとビルジポンプを新品に交換されました。

 

発電機/バッテリー

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

発電機オナン発電機は8Kwです。現在1374時間使用されています。特に問題なく使用されています。

2013年1月にしっかりとメンテナンスをされましたので、調子はいいとの事です。

 

エンジンオイル、エレメント交換

海水ポンプOH

ドライブベルト交換

海水ポンプインペラ交換

Vベルト交換

燃料フィルター交換

ジンク交換

 

●バッテリー
2014年1月に新品交換されています。

GSユアサ155G51×4個

GSユアサ95D31R×1個

 

現在、総合的に機関良好とのことです。

キャビン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

居住性バツグンですので快適なマリーナステイが楽しめます。

ゲストソファーも良いコンディションです。

 

メインサロンの他に、1層下がってダイネットキッチン、その奥にオーナーズルームがあります。

 

両サイドの窓枠が腐食している箇所があります。

 

エアコンは200Vと100Vと2つありますが、100Vの方が要メンテだそうです。

200Vは問題なく作動し、効きも具合も充分との事です。

 

写真に写っているTVは古いので、26インチテレビに新品交換するように注文済みです。

その他、オーディオ、製氷機、冷蔵庫、電子レンジ、ギャレー、トイレ、シャワー等、一通り揃っています。

 

大型のハンギングロッカーやストレージも沢山ありますので、小物類や生活用品をすっきり収納することができます。

 

コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

コックピットのメーター類、GPS魚探、レーダーは問題なく作動するとの事です。

 

 

オーナーズルーム

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

シャワー&トイレルームは明るく使いやすく、バウバースからもアクセスできます。


メインサロンから後ろへ一段下がってゲストルームがあります。トイレルームも備えられています。

その他

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

取材時はエンジンの始動を行っておりませんので、エアコン、給湯器、計器類などの作動確認は行っておりません。ご見学時にはご確認ください。


また、ご見学は土曜日(PM以降)か日曜祭日でお願いいたします。

試乗をされる時は、マリーナの上下架料金8400円をお支払いください。

 

 

 

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。