閉じる

ヤマハ YD-26C

プレジャーボート香川県

管理番号:香川県-004531 販売価格: 売却済(SOLD)

釣りやすいデッキと微速装置・スパンカー+フィンキール付きで潮立てバッチリ!

装備

法定装備

GPS魚探

微速装置(トローリング)

AC/DCコンバーター

ツーバッテリーシステム

トランサムステップ

スイムラダー

スパンカー

オーニング

電動式アンカーウィンチ

エンクロージャー

イケス

ロッドホルダー

マリントイレ(電動式)

フィンキール

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
6.66m 2.25m 1.02m

サイズ()

実長 実幅
2.3m

基本情報

進水年月 1996年11月
年式 1996年
定員 10人
サイズ 26ft
トン数 2t
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2019年05月23日)
船底塗装歴 あり
保管状態 陸上
保管場所 あり
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤマハ
エンジン型式 N26(D202KUH)
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 100馬力 / 3100rpm(回転数)
掲載時の使用時間 約1629時間
推進機種類 ドライブ艇
最高速度(参考) 約25ノット
燃料タンク容量 90リットル

広告


◆この艇はオーナー様がお乗換えの為に出品をご依頼していただけました。

 

 

 

◆微速装置、スパンカー、オーニング、屋形、そして船底のフィンキール加工も施してあり、流し釣りに適した仕様です。

 

 

◆GPS魚探、アンカーウインチ、トイレなども装備していますので、遊漁船的な使い方も可能な艇です。

 

 

 

◆エンジンはヤマハD202KUHで検査手帳馬力は100馬力/3,100rpmとなっています。取材時のエンジンアワーは1,629時間で、約770時間の時にオーバーホールをされています。詳細は別欄でご確認いただけます。

 

 

◆最高速は船ネットアプリ計測で25ノットでした。また、通常18ノット程度で巡航されていらっしゃるとの事です。

 

 

◆ヤフオクでこの記事をご覧になっていただいている方はこちらのURLに詳細を掲載していますので是非ご覧下さい。→http://www.funenet.com/content.php?id=4531&nomal

船体外観・船底、ドライブ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

屋形屋根上部

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

生地も良好です

No.23

No.24

生地も良好です

No.25

No.26

No.27

No.28

No.29

No.30

No.31

No.32

No.33

No.34

No.35

No.36

No.37

フィンキール加工

No.38

No.39

フィンキール加工

No.40

No.41

No.42

No.43

No.44

No.45

No.46

No.47

No.48

◆船体は船齢なりの経年劣化や使用感はありますが、航行に影響がありそうな大きな損傷や、たちまち大掛かりな補修が必要な箇所は無い様に見受けられました。

 

 

◆ガンネルの状態も全周に渡って概ね良好です。

 

 

 

◆船底も同様に細かなゲルコートの傷や剥げはあるものの、大きな損傷などは無い様に見受けられました。なお、この艇は船底塗装歴はありますが、現在は陸上保管の為、船底塗装は剥離されています。

 

 

◆ドライブの最終メンテナンス履歴は平成27年12月にブーツとオイルを交換されているとの事です。

 

 

 

 

 

◆オモテの屋形、トモのオーニングともに生地に大きな破れなどは無いように見受けられました。

 

 

 

◆陸上保管艇ですので、じっくりご見学いただく事が可能です


操船席・デッキ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

換気窓付き

No.4

No.5

No.6

No.7

GPS魚探

No.8

No.9

No.10

微速レバー

No.11

No.12

No.13

No.14

イケス

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

アンカー台は付属します。

No.20

このアンカーは付属しません。

No.21

No.22

No.23

No.24

No.25

No.26

No.27

No.28

No.29

No.30

No.31

屋形の骨もしっかりしています。

No.32

No.33

No.34

No.35

No.36

No.37

No.38

No.39

トモ

No.40

エンジンルームハッチ

No.41

No.42

No.43

竿立て用台座

No.44

竿立て用台座

No.45

No.46

No.47

スパンカーの骨もしっかりしています。

No.48

スパンカーの骨もしっかりしています。

No.49

ドライブ点検口

No.50

ロープガイド

No.51

トランサムステップ&ラダー

◆操船部は前出の「船体外観」でご覧いただけますように、青色のテント地で作ったエンクロージャーで保護されています。

 

 

◆操船部にはヤマハのGPS魚探が備わっています。また、天井には換気用の窓を取り付けられています。この艇は見切りが良く、操船し易そうな印象を受けました。

 

 

◆取材当日は雨でしたが、操船部の窓3面も特に問題ないように見受けられました。

 

 

◆デッキは硬く、ノンスリップの状態も概ね良好です。またゲルコートの小さな剥げなどはありますが、大きく補修などが必要な箇所は無い様に見受けられました。

 

 

◆ロッドホルダーはオモテとトモにも付いています。

 

 

◆トランサムステップ&スイムラダーも装備していますので、海上への上がり降りも容易に可能です。

 

 

◆オモテには屋形、トモにも大きなオーニングが付いていますので、夏の暑い日、また雨天でも重宝しそうです。

 

 

◆写真No19、20のアンカーは付属しませんが、アンカー台は付属します。なお、ダウンフォースアンカーは法定備品として1つ付属致します。

 

 

◆フラットで歩きやすいデッキ、深い舷、さらに大型の屋形やオーニングで、そこそこの人数での釣行も楽しめそうな個体です!


キャビンスペース

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

ヘルムハンドル裏

No.10

No.11

ヘルムハンドル裏

No.12

ヘルムハンドル裏

No.13

No.14

DCACインバーター

◆キャビンスペースは大人が2人程度横になれそうなスペースがあります。釣具などの道具を置くのにもそれなりの広さがあるので重宝しそうです。

 

 

◆マリントイレ、DCACインバーターが装備されています。

 

 

◆明かり取り窓のアクリルも特に問題ないように見受けられました。


エンジンルーム

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

エンジンルームハッチ

No.2

アワーメーター

No.3

前方

No.4

銘板

No.5

後方

No.6

左舷側

No.7

エンジン前方ベルト部

No.8

右舷側

No.9

右舷側

No.10

冷却水キャップ部

No.11

右舷側前方より撮影

No.12

セルモーター、オルタネーター廻り

No.13

右舷側前方より撮影

No.14

左舷側前方より撮影

No.15

タービン廻り

No.16

バッテリー廻り

No.17

排気管

No.18

インバーター

No.19

前方からユニバーサルジョイント部を撮影

No.20

前方からユニバーサルジョイント部を撮影

No.21

ドライブシャフト上部ハッチ

No.22

ドライブシャフト上部ハッチ

No.23

メインスイッチ

No.24

油圧操舵部

No.25

ユニバーサルジョイント部

No.26

予備プロペラ

◆エンジンはヤマハN26(D202KUH)、3気筒加給機付きディーゼルエンジンで、検査手帳には100馬力/3,100rpmと謳われています。

 

 

◆取材時のエンジンアワーは約1629時間でした。これは多少増えるかもしれません。なお、アイドリングでの稼動が多いような使い方をされてこられています。(微速で流し釣り)

 

 

◆このエンジンは一度オーバーホールもされています。内容につきましてはオーナー様の記録を載せていますので、後述の「メンテナンス履歴」でご確認下さい。

 

 

◆2016年1月に試走していただけましたので動画をアップ致しました。排気ガスの様子などご確認ください。なお、試乗時の最高速は3名乗船で25ノットでした。


メンテナンス履歴

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

◆この艇のメンテナンス履歴をオーナー様が書き留められたものです。是非ご確認下さい。

 

 

 


JCI検査証書・検査手帳/船体銘板

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

この艇は「日本小型船舶検査機構(JCI)」の登録船です。

 

 

 

 

この艇の正確な情報をお伝えする為に船舶検査証書と検査手帳を個人情報を伏せた状態で掲載しています。

 

 

 

 

また、船体銘板も掲載していますので船体やエンジンの型式、定員、用途、登録上の船体寸法、航行区域、航行上の条件、進水年月日、検査の状況などをご確認下さい。

 

 

 

 

 ※艇の所有権変更や航行区域、船籍港、船名などの変更に伴う費用は原則的に買主様のご負担となります。なお、当方ではご希望の都道府県市町村を母港にされた場合に選択可能な航行区域や「沿岸5海里」の取得、「臨時航行」に関する手続きなどのご相談も承っています。お気軽にお問い合わせ下さい。


取材状況・現物見学やご購入後の手続き等につきまして

この艇は香川県内に陸上保管されています。艇は私、平田が2016年12月初旬に現地で取材していますのでご見学をご希望の方は、まずは一度お電話で艇の詳細をお問い合わせいただいてからご見学の日程をご検討いただければ幸いです。

※オーナー様のお仕事の都合上、日曜日、土曜日、木曜日が好都合です。

 

◆「とりあえず艇はどこにあるのかだけ教えて」というお問い合わせをよく頂くのですが、トラブル防止の為、船の保管場所は購入意志の強い方で、現地に見学に来ていただける方にのみお伝えしています。また、ご見学、試乗の際はオーナー様と当方もお立会いが原則となっております。単独でのご見学はお断りしていますので、何とぞご了承下さい。

 

 

 ◆艇はご試乗も可能な状態です。まずは陸上でご納得の行くまで現船をご確認いただいてからのご試乗をお勧め致します。なお、その際には上下架料3,000円(税込)をご負担下さいます様お願い申し上げます。

 

 

◆陸送や回航につきましても御見積もり可能ですので、必要でございましたらお申し付け下さい。

 

 ※この船は個人売買であり「現状でのお渡し」が基本でございます。ご購入後は「ノークレーム・ノーリターン」でお願い致しますので、船の状態、各部の動作はご自身でよく確認して頂きまして、十分納得されてからのご購入をお勧め致します。

 

 

また売買契約書は当方で作製させていただきまして、売主様、買主様ともにご署名とご捺印をお願いしています。

 

 

では、皆様からのお問い合わせをお待ちしています!

 ※この案件につきましては、年末年始も電話、Eメール対応致します!お気軽にお問い合わせ下さい。

 

四国地域担当:平田

TEL:090-9772-3000

Email:hirata@funenet.com

LINE ID:funenetshikoku

☆日曜、祝祭日も遠慮なくお問い合わせ下さいませ。



この船のyoutube動画:


ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

四国エリア 担当平田 善久(ひらた)

担当コメント:高知県を中心に四国の全県を崎須賀(愛媛県)と担当しています。

090-9772-3000 FAX 088-874-4027
hirata@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。