閉じる

ヤマハ UF23

プレジャーボート福岡県

管理番号:福岡県-003591 販売価格: 売却済(SOLD)

船外機に変更されています

装備

法定装備

オーニング

電動式アンカーウィンチ

イケス

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
6.34m 2.35m 1.06m

  • ウォークアラウンド艇が欲しい
  • 綺麗で清潔な船を求めている
  • クルージングもしたいし釣りもしたい!

基本情報

進水年月 1997年04月
年式 1997年
定員 6人
サイズ 23ft
トン数 5t未満
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2018年12月24日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 マーキュリー
燃料種類 2ストロークガソリン
搭載数 1基
検査手帳馬力 200馬力
掲載時の使用時間 約300時間
推進機種類 船外機
燃費 1時間あたり
約25リットル

広告


今回ご紹介するヤマハUF23は船外機仕様に変更されています。オーナーの手入れによりGOODなコンディションを保たれていますので、お勧めできるボートです。どうぞご覧ください。

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

1997年04月に進水されていますので船齢はやがて19歳になりますが、船齢を感じさせることなく、オーナーのお手入れにより全体的にきれいにされています。

 

オーナーは休日に近場の釣りやクルージングを楽しんでらっしゃいます。

常にメンテナンスをされ、かなり手を入れられていますので、いつでもすぐに乗ることができます。

 

ガンネルは当て傷も少なくきれいです。

ハルもきれいに磨きを入れられています。水垢やフェンダーによるスレなどは、ところどころにありますが、係留艇の割には状態はいいです。

 

 

船底は通常使用時に付いたスレやキズはありますが、ひどい割れや凹みは無いとのことです。


フロントデッキ/サイドデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

デッキ表面は、表面がブアブアしている箇所はなく、ノンスリップの状態もよいです。

汚れは軽微です。洗えばきれいになります。

 

ステンレスのバウレールにはグラつき感はありません。

 

アンカーウィンチは外観の塗装の剥がれはありますが、塩噛みもなく普通に作動しました。

 

ロープロッカーやストレージも問題なく使用できますし、ハッチもきっちりしまります。

 

右舷、左舷灯は新品に交換されたばかりですので、問題なく点灯します。

 

サイドウォークもきれいです。

 


外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

白灯は問題なく点灯しました。

 

正面のガラス窓はきれいです。

 

両サイドの窓はアクリルですので、紫外線で透明感がなくなりつつもありますが、しばらくは特別な問題はありません。


アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

デッキ表面のブワブワした感じはなく、ノンスリップの状態も良くきれいだと思います。

 

汚れもありますが、洗えばきれいになる程度のものです。

 

オーニングはグラつきはなく、しっかりしています。

 

ハッチのダンパーは緩むことありません。

 

もともとディーゼルエンジンが搭載されていましたが、現在は船外機仕様にされましたので、ハッチの中は大容量の収納スペースとなっています。

 

中にはぴったりサイズの木板がきれいに敷いてあります。

実はオーナーは建築関係の仕事をされていますので、この辺は得意分野のようです。

 

メインスイッチやバッテリー、オイルのサブタンクもきれいです。

 

 

 

イケスは問題なく使用できます。

ハッチも普通に開閉できます。

 

 

 


コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

コックピットにはところどころに汚れ等がありますが酷いものではありません。

 

天井のスカイライトハッチは、アクリルの劣化が発生していますが、割れはありませんし問題なく開閉できます。ここからの雨漏りもありません。

 

メーター周りはきれいにまとめてあります。

油圧ハンドルもきれいです。

前進後進のエンジンリモコン、メーター類も普通に作動します。

 

 

ここで操船するにあたっての問題点はないようです。


キャビン

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

燃料タンクの空気抜き

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

キャビンドアは問題なく開閉できます。

 

中はきれいで清潔に使用されています。

 

天井のスカイライトハッチは問題なく開閉できます。

ここからの雨漏りもなさそうです。

 

 

正面に見える2本のパイプは燃料タンクの空気抜きです。

エンジン換装時に、燃料タンクをディーゼルからガソリンに変更するときには空気抜きが必要なため、このように工夫して作られたそうです。


エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

もともとはディーゼルエンジンのドライブ艇だったのですが、ブラケットを補修、補強され船外機を搭載されています。

 

 

マーキュリーの200馬力エンジンが搭載されています。

 

 

チルトの上下は問題なく作動しますし、エンジン中身もきれいだそうです。

 

 

エンジンオイルやギアオイルの交換はまめにされているので、調子は良いとのことです。

 

 

燃費はすごく良いとのことです。

 

マーキュリーの200馬力ですから燃料は喰うように思われがちですが、長崎から佐世保に3時間かけて走った時は80L位しか使用しなかったそうです。

 

もっと上手に走れば、燃費消費量は1時間当たり25L位だと思われます。

 

 

 


その他/取材状況

取材時はエンジン始動を行いましたが、走行をしていません。沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗頂き、全ての事項をご確認の上でご購入をお決め頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も、ご見学者様にて全てをご確認ください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご試乗の場合は準備の都合上前もってお知らせください。



この船のyoutube動画:


ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:九州地区の大雨災害でのボランティアの為、7月13日頃まで電話やメールでの連絡が取りにくくなります。 遅くなりましても必ず返信いたしますので、しばらくお待ち下さいますようお願いいたします。

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。