閉じる

株式会社アルム製 ダイビングボート (アルミ製 ジェット推進)

漁船タイプ・漁船・業務船高知県

管理番号:高知県-002307 販売価格: 商談中(Sales Pending)

水深2メートルでも航行可能なアルミ製ダイビングボート。

更新

装備

法定装備

GPS魚探

FURUNO GP-1850WF

AC/DCコンバーター

2ステーション

トランサムステップ

スイムラダー

オーニング

電動式アンカーウィンチ

故障中

エンクロージャー

フェンダー

マリントイレ(電動式)

温水シャワー×2 ラダー×4

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
11.93m 4.5m 1.5m

サイズ(実測値)

実長 実幅
18m 4.7m

  • 水深2メートルでも航行可
  • 広いデッキ
  • 温水シャワー付き
  • トイレは絶対必要なんです

基本情報

進水年月 1990年08月
年式 1990年
定員 39人
トン数 16t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海
検査証、手帳をアップしていますのでご確認下さい。
次回船検 本検査
(2016年06月29日)
検査切れ
清水タンク容量 400リットル
船底塗装歴 あり
2015年5月に船底塗装を実施されて以後あまり動かしていません。船底の掃除が必要です。
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤンマー
エンジン型式 6CX-GT×2基+4CX-GT×1基
燃料種類 軽油
搭載数 3基
検査手帳馬力 950馬力 / 2600rpm(回転数)
推進機種類 ジェット推進
センターの1基は稼動させなくても航行可能
巡航速度(参考) 約12ノット
燃費 1時間あたり
約100リットル
燃料タンク容量 2000リットル

広告


◆本格的なダイビングの為に建造された艇です。温水シャワーや1階デッキ部を覆えるエンクロージャー、大型のボンベ収納スペース、ラダー4基も備え、ジェット推進ですので、プロペラへの巻き込みなどの心配が無く、水深は2メートル程度あれば航行できるとの事ですので大人数でのダイビングビジネスには心強いパートナーとなるでしょう。

 

 

 

◆また、メインの操船席からの見切りも良く、2ステーションという事もあって、全長約18メートルという長さがありながらも一人で十分操船可能です。

 

広いデッキは数十人で船上パーティが開催できるほどフラットで快適です。

 

 

 

◆また、キャビンもあり、その中にゆったりとした広さの水洗トイレもありますので、色々な用途に使えそうです。

 

◆デッキも含め船体はアルミ製ですので、ブアブアする事もなく、フェリーに乗っているような安心感です。

 

◆2015年5月よりドッグ揚げをしていませんので、船底やジェット推進装置廻りの掃除をする必要がございます。また、しばらくエンジンも始動していませんので、バッテリーの充電(もしくは交換)とエンジンのメンテナンスも併せて実施しなければこの船を動かすのは困難だと思われます。また、ジェット推進機後進用のフードを動作させる油圧シリンダーにオイル漏れがあり、現状ではうまく後進できないと思われます。少なくともオイルシール等の交換が必要です。

 

◆オーナー様は現状のままでご購入いただける方をお探しです。

船体外観・船底

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

◆船体はハル全体とガンネル部に塗装の剥がれ等が見られます。

 

 

 

◆また、喫水から上部にかけては航行にたちまち支障があるような損傷はありませんが船首のステム部に写真には写っていない凹みがあります。(着岸時のアテによるもの)

 

 

 

◆アルミ船ですので赤錆が酷く流れているような事はありません。ただし2015年5月以降上架されていませんので、船底やジェット推進ポンプ・シャフトなどの状態は不明です。

 

 

 

 

◆現在、船底、ジェット推進ポンプ、操舵部の付着物は多く、試乗は困難な状況です。大がかりな掃除とメンテナンスが必要です。


バウ~2階デッキ、操船席廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

船首側デッキもフラットで広いです。

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

電動ウィンチは故障しています

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

メインの操船部

No.14

メインの操船部

No.15

メインの操船部

No.16

メインの操船部

No.17

メインの操船部

No.18

メインの操船部

No.19

メインの操船部

No.20

メインの操船部

No.21

No.22

No.23

No.24

No.25

No.26

No.27

操船席から2階デッキを望む

No.28

操船席から2階デッキを望む

No.29

操船席から2階デッキを望む

No.30

2階デッキアフト側操部

No.31

2階デッキアフト側操部

No.32

2階デッキアフト側操部

◆2階デッキ、操船席廻りも経年による塗装の劣化はあるものの、しっかりしています。

 

また、メインの操船席からも大変見切りが良く、さらに2ステーションで、2階デッキ最後部にも操船席があり、現オーナー様曰く、約18メートルの長さがある艇ですが、一人でダイビング業務、着岸も可能との事です。

 

◆バウの電動のアンカーウィンチは動作しません。

 

 

※写真に写っているシーカヤックは付属いたしません。


キャビン、トイレ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

キャビン入り口様子

No.2

キャビン内から見たデッキ

No.3

キャビン入り口から左舷

No.4

キャビン入り口から右舷

No.5

キャビン入り口から左舷(床)

No.6

キャビン入り口から右舷(床)

No.7

キャビン内から操船席を望む

No.8

キャビン内から操船席を望む

No.9

バウ側に収納スペースあり。

No.10

カーテンで仕切れます

No.11

トイレスイッチ

No.12

トイレ入り口ドア

No.13

トイレルームは広いです

No.14

トイレ換気扇と照明

この艇は2階建てになっており、キャビンは1階のデッキから入れます。

 

キャビン内に入ると天井は高く、ちょうど真上に操船部の配線が見えます。

 

工夫次第で色々と使えそうな空間です、

 

また、キャビンに入って右側にゆったりとしたスペースのトイレルームがあり、着替えなども十分にできる広さがあります。

 

トイレは水洗で、照明や換気扇も備わっています。

 

さらにバウ側には収納スペースがありますので、ここも工夫次第では色々な目的に使えそうです。


1階ミッドシップ~アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

1階デッキからキャビンを望む

No.2

1階デッキからキャビンを望む

No.3

左右に温水シャワー装備

No.4

に温水シャワー装備

No.5

ミッドシップに階段があります。

No.6

これはアフト側から見た写真です

No.7

階段下にはボンベ収納

No.8

これもアルミ製で頑丈送です。

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

1階ミッドシップからアフト側を望む

No.14

1階ミッドシップからアフト側を望む

No.15

エンクロージャーを閉めた状態

No.16

エンクロージャーを開けた状態

No.17

1階ミッドシップからアフト側を望む

No.18

ダイビング ラダー4基

No.19

No.20

No.21

No.22

No.23

2階デッキ操船部から見たラダー

No.24

船部から見たラダー

No.25

船部から見たラダー

No.26

2階で操船しながらラダー部も良く見えます

◆1階デッキ部も広く、そしてフラットです。また、ここには温水シャワー2基、ボンベ収納スペースがあります。左右のエンクロージャーを閉めれば冬季でも快適なデッキになりそうです。

 

ダイビングボート必須のラダーは4基装備しています。

 

 

◆なお、2階デッキの操船部からラダー部もしっかり見えますので安心です。


エンジンルーム・ジェット推進機廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

エンジンルームを左舷側から

No.2

この艇は24V仕様です

No.3

左側エンジン

No.4

No.5

左側エンジン

No.6

左側エンジン廻り

No.7

左側エンジン廻り

No.8

左側エンジン

No.9

左側エンジンアワー

No.10

中央エンジン廻り

No.11

中央エンジン廻り

No.12

中央エンジン廻り

No.13

中央エンジン廻り

No.14

中央エンジン廻り

No.15

中央エンジンアワー

No.16

右側エンジン廻り

No.17

右側エンジン

No.18

右側エンジン

No.19

右側エンジン

No.20

右側エンジン

No.21

右側エンジンアワー

No.22

右側エンジン廻り

◆エンジンはヤンマー6CX-GT(360馬力)を左右に各1基と、センターに4CX-GT(230馬力)を1基装備したジェット推進船です。

 

 

 

◆センターエンジンで電装機器類の発電機を回していますので、航行時には少なくともアイドリング状態でかけておく必要がありますが、推進は左右のエンジンだけでも可能です。

 

 

 

◆エンジンは2016年5月までは稼働を確認していますが、それ以降始動していませんので、少なくともバッテリーは上がっていると思われます。(2017年3月現在)、ジェット推進機後進用のフードを動作させる油圧シリンダーにオイル漏れがあり、シール等の交換が必要です。

 

 

 

 

 

◆2015年5月中旬でのアワーメーター数は左エンジンが約4374時間、右エンジンが約298時間、中央エンジンが約4524時間です。

 

 

 

◆なお、修理履歴で分かっている事としては、右舷エンジンは2015年10月にウォーターポンプに不具合が出て修理されています。またこの際にエンジン内のフラッシングとオイル交換をされています。また、左舷エンジンは2013年頃にに熱交換器廻りに不具合があって修理をされたそうです。

 

 

 

いずれも地元のヤンマー様に依頼されたそうです。

 


船体図面・付属品・検査証等

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

◆この艇はアルミ船で船底形状もやや特殊ですが、写真No.1、No,2の倒れ止めを船底に当てれば一般的なドッグ場にも上架が可能との事です。(これらは付属品です。)

 

 

 なお、船体、船底の大まかな図面と検査証、検査手帳をアップいたしましたのでこちらもご確認下さい。


取材状況・ご見学について

◆この艇は高知県内に係留保管されています。なお、オーナー様が遠隔地に住まわれていらっしゃるので、ご見学に来ていただく際は段取りにお時間をいただきたいと思います。予めご了承下さい。

※外観のみのご見学は当方がオーナー様に許可をいただいてお立合い致しますのでご相談下さい。

 

 

 

◆前出の通り、2017年3月現在の状況で申し上げますと、船底、ジェット推進装置まわりの掃除、バッテリーの充電(もしくは交換)、エンジンのメンテナンスなどを施さなければ航行は困難だと思われます。

 

 

◆オーナー様は現状のままで、なおかつ提示のお値段でご購入いただける方をお探しです。大幅な値引きは難しいとお考え下さい。

 

 

 ◆「とりあえず船はどこにあるのかだけ教えて」というお問い合わせをよく頂くのですが、トラブル防止の為、船の保管場所は購入意志の強い方で、現地に見学に来ていただける方にお電話でのみお伝えしています。また、ご見学、試乗の際はオーナー様と当方もお立会いが原則となっております。単独でのご見学はお断りしていますので、何とぞご了承下さい。

 

 

◆上記の条件でお構いない方のご連絡をお待ちしています。

 

 

◆この艇は私、平田が実際に現地で取材していますので、ご不明点などございましたら、お電話、Eメール、LINEでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

ご連絡を心よりお待ちしています!

 

四国地域担当:平田

TEL:090-9772-3000

Email:hirata@funenet.com

LINE ID:funenetshikoku

☆日曜、祝祭日も遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

 



ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

四国エリア 担当平田 善久(ひらた)

担当コメント:高知県を中心に四国の全県を崎須賀(愛媛県)と担当しています。

090-9772-3000 FAX 088-874-4027
hirata@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。